CALENDAR
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
帰ってきた演っぱらい
細々と慎ましく生きてます。
時にはこんな幸せも…。

まさたか早苗.jpg

早苗ちゃんとのツーショットですが、ツーショット撮影されてるってことは、お察しの通り二人きりで睦まじく呑んでる訳ではないってこってす。


かっちゃんまきちゃん.jpg
向かいにはKちゃんとM嬢

そう、練馬の親分Kちゃんのバースデー宴会ね。男女四人での和気藹々な一夜でした。
…但し酩酊激しく、この時何を話していたのか、何故私はこんな目がチカチカする人騒がせなシャツを着ていたのか、全然記憶がないのが残念。

ただ、私としては例の絶倫屁こき先輩作家だけが近所の呑み友達なのかと思われても心外ですので、華やかな宴席をご紹介申し上げた次第です。



さて。
昨夜また始めてしまいました。禁断のストリートライブを。

復活の場.jpg


日々益々の躍進を見せるブルースマン Mr.テキサスと、ドラマーF氏との数寄者イベントですが、皆一様ご自身のメインバンドのライブ活動も盛んで、なかなか三人のタイミングが合わず、延期が続いていたのです。
春はお勤めで忙しく、夏場は「暑いからイヤ!」との意向で、またこの夏は特に折悪く空模様にも恵まれず、昨冬以来の新宿駅南口にて、漸く再開が実現。

コンビニで買ってきた缶ビールを引っ掛けエネルギー注入で強制的に恥と外聞を飛ばすや、誰もお呼びでないライブの開演です。
駅前の道行く人々に訝しがられ煙たがられつつも、時に好意的な声援を頂戴し、ブルース侍がギターを轟かせ哀愁の憂唄を吠えます。

若い学生集団の大行列、聞くと広島から修学旅行中との高校生とな。瑞々しいJKから黄色い声援を浴びたかと思いきや、派手なご婦人連れの心地好く酔った色男がマイクを陣取りなかなかの歌声を聴かせてくれたり、西洋人の熟年男性、寄ってくるや背中のアコースティックギターをやおら取り出し掻き鳴らしての独演会からセッションが始まるわ、また別の赤ら顔のお兄さん、聴くだけでは矢も楯も堪らぬ様子でギターソロを披露したりと、賑やかな都会の夜は次から次とハプニング続出。油断なりません。

無論、我等無法者と世を斜に構えても所詮は善良な小市民。国家権力を背にした公僕には逆らえません。


後方にパトカー.jpg
後方のパトカーに怯えつつ道楽に勤しむ小悪オヤジ

天敵たるお巡りさんも、若いバンド連中がまた…と諌めに近寄って来るも、あれれれ!?…と、全然若くないオッサン連中なんで、気圧され拍子抜けしてしまうのでしょうか。
嘲笑と共に軽い注意を頂いただけで去ってくれました。


セッション.jpg
変な外人(右端)と不気味なセッション

こんな調子で、今年も寒さに凍えるまでは新宿駅前で恥知らずの武者修行となりそうです。


何とも代わり映えのしない近況報告ばかりで、お恥ずかしい限りです。
次回当ブログメニューは、次週軽く一杯…と約束している、尽きぬ好奇心で男女の性愛行為を追求し続け 屁をこき続けるエロ魔神、御大T先生との練馬の夜をご報告致しますので、くれぐれも期待しないでください。
この先も確実に面白くないので、いっそ私のことなど忘れてくださっても構いません。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
オヤジの繁華街にも花は咲く
『飯くった?』

メール不器用なT先生より私のスマホに来た愛嬌もヘッタクレもない数文字のメール連絡に、人恋しげな先生のお姿を察したのでした。人情に厚い私は律儀に応えてしまい、その日は夕刻から練馬の居酒屋へと足を運んだのです。

極力避けたかったのですが、今回の話題は不本意ながらまたしても悪魔のエロ代官 T先生との一夜です。

一軒目.jpg


こうしてT先生とサシで酒と料理を囲むと、かつては私とて様々な魅惑のご婦人との会食の機会に恵まれた幸福な日々を、殊更に今や狂おしい程に懐かしく感じてしまいます。

「大塚やねん、大塚!チャイエスがワシを呼んどんねん」
(チャイエス=チャイナエステだそうです)

「それは良かったですね先生。どうか楽しんでください」

「グワハハハハッ、一万円でプレイルーム代込みで本番やねん!その日のためにワシゃ今からオ○ニー我慢しとんねん!
一日二回のオ○ニーをな、一回に抑えとんねん!どやねん!?」


私も今まで人並み以上の苦労を積んできたかと自負しておりますが、その果てに待ち受けていたのがこの醜い好色老人の酒呑み相手とは…、何ともやりきれません。我が人生は一体何であったのかと問いたくなります。
そんな儚い感傷に耽りつつ、またもや先生の破廉恥極まりない下劣なお話に耐え忍び、後輩作家の哀しいサガで私は糞のようなしょうもない話題に精一杯の愛想笑いを見せたのでありました。


しかし、たまには幸運な偶然もあるものです。
先生と梯子酒の途中に繁華街の裏通りで出くわしたのは、練馬の女親分、カヨ姐さん。
練馬の親分がKちゃんならば、練馬の女帝がこの姐御。
偶然にもちょうど彼女の女友達と共に食事の待ち合わせをしたところだそうで、そうなりゃお互い渡りに舟。手早く話はまとまり、熟年男女四人で、すぐ傍の高級居酒屋へ突入します。

先刻まで、男女の性愛行為の研究発表に飽きもせず熱弁を揮っていらしたT先生ですから、この夢のようなシチュエーションには興奮の境地でありましょう。
懲りもせず、先生は生身のご婦人相手に自らの性癖の風呂敷を広げます。

「フランス人の男はな、オナゴの体臭が好きやねんな。
ワシもな、オナゴの一週間以上風呂に入らん身体を心ゆくまで隅々味わうのが好っきゃねんで!
せやからワシはフランス人の血が流れとんねん!その証拠に毎日フレンチドレッシングがよぅ出よるねん!グワハハハハハハハ~ッ!!」

ハシャぐ先生.jpg

しょーっもねぇ下品な話で口角泡を飛ばし、先生は絶好調です。
幸いご婦人お二方とも、ただのか弱い仔羊ちゃんでもなし、酸いも甘いも噛み分けたご経験豊富な熟し加減。先生がいつもの変態性欲を振り回しても、そこは流石にソツなく巧みに対処します。

餌付け.jpg
ケダモノに恐る恐る餌付けをするA嬢

況してやカヨ姐さんは練馬近辺のスナックを長年渡り歩いてきた生き字引の如きベテラン色物ホステス。横チンやお稲荷さんハミ出したエロ糞親爺の五匹や六匹軽くあしらうくらい朝飯前でしょう。
セクハラ大王のT先生のフォローに私が回るまでもなく、下ネタ何でも来い!との力強いお二人は先生の猛毒を上手く浄化して、和やかな飲食のひと時を過ごした次第です。


キツい二人.jpg
どうやら小洒落た店内でなかなかにキッツい異臭を放っていた我々オヤジ組


先生も血気旺盛衰え知らずのケダモノとは言えど、向こう見ずな若輩者でもない我々は、和気藹々と過ごしたら、無論男衆の清算で店を出て女性陣と清く別れます。

「いやぁ~、ブゥ~~こないなこともあるもんなんやなぁミツマロくん!ブゥ~~……
ほなブゥ~~~またなっ」
嬉しそうに先生は放屁連発と共に感激を露わにして帰路につきました。


今週も浮世の義理でこれから幾日かは酒席予定。
まだまだ、呑んだくれ人生はやめられそうにありません。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
落語のおあとはイタリアン
醜接吻.jpg
公共の居酒屋内でケダモノ化し爛れた性欲を露わにする淫獣T先生


伝説の美魔女巨乳エロモンスター ミト姐さんを隣にするや、興奮隠せず調子に乗って極エロ話三昧、挙句には所憚らず胸元や股間に手を差し入れるわ、しまいにはこの有様です。

精力衰えぬT先生の生気溢れる血気盛んなお姿を拝し、私は益々先生に人間的な魅力を感じ、そして改めて男として畏敬の念を抱いた次第です。


…んな訳はありません。
当ブログをご覧の良識ある有権者の皆さん、この場でひと言よろしいでしょうか。

本気で、いい加減にしろよなクソエロ爺ィーッ!!



大変失礼しました。
こんな醜い画像にエロ大王T先生の穢れた話題を提供してしまっては、当HPの品格が下がります。
著作本の発刊から、やっと少しは文化人らしく昇格したと感慨に耽る矢先に、変わらず極悪エロ狸爺のネタでは頂けません。


気を取り直しましょう。

拙著発刊では執筆の労を頂いて多大なお世話になった入船亭扇治師匠と、十一代目桂文治師匠との恒例「文治・扇治二人会」を先週鑑賞して参りました。

二人会前で.jpg
新宿末廣亭前にて 左より、デザイナーT氏の愛娘Hちゃん,私,扇治師匠の高座ではご常連の俳優 佐藤祐一さん,後方には扇治師匠

佐藤祐一さん、お茶の間の画面でご覧になったことあるでしょ?
「さんま御殿」の再現VTRとか。
ねっ?
俳優活動から後進育成にご熱心な活気溢れるオーラの強い方ですが、酒席では実に気さくな温かいお人柄が伝わる役者さんです。

ここ最近は、拙著での関わりから私のような不埒なヤサグレ者が扇治師匠の高座を鑑賞に伺い、厚かましくも打ち上げ宴にまで幾度か参加させて頂いております。


扇治師匠と.jpg
光栄にも扇治師匠と並んでの記念撮影

assocbutt_or_buy._V371070157_.png


それもこれも、デザイナーT氏ご夫婦のご加護。
その日は珍しくT氏の奥様も娘さんとご一緒に「二人会」から打ち上げ宴にご出席。
末廣亭近くのイタリアンレストランの二階にて宴席が設けられ、遠慮を知らない私は臆面もなくお邪魔致した次第です。
ちなみにご主人たるT氏は、肝心の高座には寝坊で遅刻し、宴会だけ参加との不届き者です。


日頃お世話になっている私は、ささやかな善意のつもりでT夫婦に愛嬌を振りまいて
「せっかくですからTさん、奥さん、お二人のツーショットを撮影させて頂いて、ボクのブログに載せますよ!新企画『今週の仲好し夫婦コーナー』第1回ゲストとして。どーす?」
と、ほんの茶目っ気を見せて提案をしてみました。

すると途端に目前のT夫婦の顔色が俄かに曇り、揃って眉間に縦皺が浮きました。

「ん~だとォーコラ!オドレ何のヤカラかます気ィや!?ワシらのどこが仲がえぇっちゅんじゃい!?」
「んーなザケた真似こきゃあがったら即座にブログ抹消したんどコラ」
「ブログどころか、オドレのHP丸々ブチ消したんど!おォ~?ゴラ!」
「ついでにオドレも消したろかァ!?ドブに沈めたんどゴラぁ~!!」

…と、までは彼らご夫婦の口から発せられた訳では決してございません。
ございませんが、私も察しのいい繊細な神経の持ち主です。
私は己の失言からお二人のご機嫌を害し身の危険を感じ取るや、素直に提案を撤回し即座に話題を変えました。何しろこのHP運営を全て担っているのはこの曲者夫婦です。逆らえません。『今週の仲好し夫婦コーナー』は敢えなく企画倒れです。
そんな訳で残念ながらここで恩あるT夫婦のお姿の公開はできませんが…

二人のご令嬢と.jpg
左より、扇治師匠のご令嬢,悪いオジサン(私),T氏のご令嬢

それでもT家の検閲で、妙齢のお嬢様方のご尊顔はベールに包んだこの通りのご紹介しかできませんけれど、ご容赦ください。


「嫁と娘が前にいちゃ~酔えねーんすよ」
「はぁー、そーゆうもんすかねぇー」
単独生命体の私にもそれは何となく想像できます。扇治師匠の打ち上げ宴から、T氏と共に次は練馬駅へと向かいます。
居酒屋で改めてオヤジ二人会。


私はすっかりヘベレケの夜で、ほとんど記憶がありません。
酩酊とは怖いもので、徐々に記憶が蘇り自己嫌悪の波が押し寄せております。
プロフェッショナルの噺家の師匠相手に、その日の扇治師匠の演目をご本人目の前に、やれ「青菜」がどうした、「愛宕山」では何だ…等々、一介のキナ臭い素人風情が偉そうに好き勝手に落語を語ってしまい、身の程知らずも甚だしい己の愚行を恥じるばかり。

何だか扇治師匠の奥様から、気軽に私のスキン頭を皿でパコパコ叩かれていたのも脳裏の片隅に浮かびますが、それも身の因果と受け入れ、深くは記憶を掘り下げないように致します。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
嗚呼!花の祝賀会
鯛の尾頭付き.jpg
大小原大将が振る舞ってくれた鯛の尾頭付き


拙著『みつまろ寄席』発刊の記念に、馴染みの新宿の居酒屋 大小原にて、僭越ながら祝賀会を先日開いて頂きました。

発刊記念.jpg
左より、一見ただのヤカラ風ですが実は私,編集者G氏,大将,編集者S氏

assocbutt_or_buy._V371070157_.png


ご紹介のショットは、書籍裏表紙に掲載した十代目桂文治師匠の水墨画をバックに主要人物のみ並んだ記念撮影ですが、当日の店内は私の出版記念に駆けつけてくれたホステス嬢,AV女優さん,高級コンパニオン,旦那が地方に単身赴任中で夜の肉体を持て余した三十路四十路の人妻連中等々…広い客席に所狭しとご婦人衆が犇めき、色香ムンムン窒息寸前の、それはもう大変な賑わいの中でのひとコマです。


この際そういうことにしておいて頂きたい。何と言っても私の出版記念会なのですから、実状は中年男三人での胡散臭い呑み会だったなんて余りにも侘し過ぎます。ここはどうか寛容に妄想を受け入れて頂きましょう。


S氏は、私如きに落語の漫画を描く機会を与えてくださった発起人。そして大将はこの書籍の巻末にエッセイとして半生を語ってくださった協力者。G氏はその大将のインタビューから文字起こしで随筆文として形にしてくれた…、つまり今回の拙著制作にあたって重要な役割を果たして頂いた面々なのであります。


大小原にての記念祝賀宴がお開きになると、暇な人妻やホステス衆を引き連れて、私はネオン街へと。それから先は一番の美脚婦人とシッポリ…。
な訳は当然なく、最寄りのコンビニで明日の食料とアイスにアクエリアスを…と酩酊しつつ呑んだ帰り定番の買い物をして、ハムスターと金魚の待つ自宅にひとり帰宅しただけです。



あとは取り立てて何も面白いこともございません。
猛暑に屈してエアコン風邪でしょうか。夏バテ気味。洟がジュルジュルで、幸いにも咳は治まったくらいです。

何がコンパニオンに暇な人妻でしょうか。
どうやら生まれ直さねば、そんなのとは全然縁がないみたいです。
暇なハムスター相手に、缶酎ハイを啜りつつ人生をボヤいているだけです。


ハムエちゃん.jpg
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
落語漫画の逆襲
呑み歩いて酩酊の連続に、くだらない買い物で喜んだり、下手な癖に懲りずと楽器道楽に興じたりと、世を憂いてばかりの品行下劣な人生しくじり捻くれ中年男かと私のことを認識されていらっしゃる皆さん、こう見えても私だって少しは真面目にアーティストらしい活動をしているのです。


本とガメラ.jpg
拙作古典落語漫画集『みつまろ寄席』

assocbutt_or_buy._V371070157_.png


思えばそもそも数年前、拙作『まんが落語』集が雑誌で発刊された折に、そのデザインにも携わって頂いたデザイナーT氏が、その時に使用した私のイラストを活用して、ほんの気紛れで当ホームページを制作してくださったのでした。それから何とは無しにこの役立たずの駄文ブログを不定期で更新している次第です。

あれから数えること六年。
作品も描き足して、解説文も改めて噺家の師匠に執筆をお願いしたりして、紆余曲折の末にそれを漸く一冊の単行本として完成するに至りました。

私の下世話な落語作品を博学な文章で噺の解説と江戸文化のコラムを加えて引き締めてくださったのは、入船亭扇治師匠。
デザイナーT氏の奥方と扇治師匠の奥方が昔からのご友人関係で、そんなコネクションから拙作の書籍化に快くご協力くださったのでありました。

また、その『まんが落語』制作時より担当編集者S氏に連れられ時折通っていた新宿の居酒屋「大小原」のご主人からは、エッセイ文をご協力頂き巻末に掲載致しました。
大小原大将は、若い頃より先代の桂文治師匠にかわいがられた影なる愛弟子。お店では月一回恒例で若い噺家さんを迎えての落語会が催されるといった、知る人ぞ知る落語界を支える立役者です。


当書籍はまだ発売前の製本完了ホヤホヤですが、一応はこれから全国何処かの本屋さんには並べられるとのこと。
お馴染みアマゾンでも購入できます。まだ詳細はわからないけど。

中身.jpg


落語好きなら是非一家に一冊!…とは残念ながら申せない公序良俗に反する描写が含まれる内容ではありますが、ご興味をお持ちの貴兄にはご購入をお願い申し上げます。
本のカバーは、エッチな中身を隠した渋いデザインですので、お父さんの本棚に並べても決して怪しくはないかと思います。

本棚に.jpg


「大小原」店内にも大将のご厚意で拙作書籍をこれから置いて頂く予定。
これで落語好きのお父さんなんかに、帰りにレジ脇に積まれた拙著を酔った勢いで買ってもらおうってな姑息な作戦です。
しかも「大小原で買えば本屋やアマゾンで買うより安いよ旦那!」ってぇ特別安売り戦略。
それだけじゃない!
特典として『大小原限定しおり』もサービスだ!他じゃ手に入らないよォー!

栞紹介.jpg
現在印刷発注中


…などと色々セコい手段も取り揃えております。
新宿の「酒寮 大小原」は、歌舞伎町から靖国通りを隔てた向かい側の並び、ちょっと奥のビルの五階。とんこつラーメン屋の角を入ったところで見上げると「大小原」の看板。よろしくね旦那方!

大小原所在地.jpg



手元に完成書籍が届いた早々に、近所の玉子焼き名人のおじちゃんと、同じマンションのよく喋るおばちゃんには一冊ずつ進呈。
それとシングルマザーホステス マキ嬢には、昨晩酒席に呼ばれて折角だからと一冊手土産に進呈したけど、お年ごろの娘さんをお持ちの上に、「ラクゴって…?笑点のやつ??」なんて反応の彼女には、呆気なく捨てられちゃうんだろーなー…。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33