CALENDAR
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
やっぱりエロが好き?
雑菌に侵された我がちんちんはお陰さまで完治致しましたが、だからといって全く使い途のない日々を送る私です。こうして日常生活では益々エロとは縁遠くなりつつありますが、オマンマ代を稼ぐ仕事はエロまたエロ、それも不変の人気商品「人妻」に食わせてもらっております。
昨今の私は度重なる散財に少しは反省し、今年に入ってからはスナック通いからもキッパリと足を洗い、編集さんに媚び諂って頂くタダ酒のみという、堅実なクリーンライフを送っております。

私のような不器用かつ不細工な中年男には、男共のツボを心得た夜のお勤めのフェロモンお姐さんには、所詮足繁く店に通おうと洟も引っ掛けられないと、至極当たり前の現実に気付いたからでもあります。

そんなわけでここ数週間は真面目に籠城生活を送り、堅牢な(?)人妻エロ漫画制作に精を出しておりました。〆切当日、長年お世話になっているソープランド好きの敏腕編集者G氏に夜中ギリギリ入稿の禁じ手を果たし、翌日、昨夕は仕事から解放されての趣味活動、ようやくシャバの空気を吸い、稚拙ながらもオヤジバンド練習に勤しみました。

音楽スタジオでのお稽古ですが、やはりいけませんね、バンド活動は頻繁に音を出さないと。
年末以来のスタジオで久々の大音量に茫然としてしまい、ガタガタの演奏ごっこでした。
それでも、皆さんヤル気は上々で、14帖の狭いスタジオ内は熱気と加齢臭に溢れておりました。

お互い数年間のブランクでしたが、同業盟友のきむくんは、あの気分屋のマイペース男がしっかり自宅練習に勤しんでる様子で、ギタープレイには冴えが見えましたし、当HP制作者T氏は、相変わらず怪しさこの上ない恐い風貌で野性的に太鼓を叩きまくっておりました。
余談ですが、3時間の特訓を終えてスタジオを出たら、ロビーで待機してたスゴイお姐さまがいたなー。

この寒いのに、乳半出しのノースリーブのドレス姿でクネクネしちゃって、フェロモンムンムン飛び出しちゃって、これからスタジオ入ってどんなことやるんだろう?
我々の入った部屋は、オッサン臭の残り香が強烈だろうに…。

こちらも負けじとウェイトレスの衣装で張り切ってくれた紅一点の娘と共に、薄汚いオヤジとの四人組でアフタースタジオは小雪舞う池袋の繁華街へ歩を進め、居酒屋へと。
呑み散らかして食い散らかして、スタジオでの演奏も久々ならアルコール摂取も久々でしたので酩酊も早く、例によって私は自らの言動をほとんど覚えておりません。

行きはよいとして、帰りは酩酊状態で、でかいし重くてたまらないベースを命辛々背負い深夜無事帰還に及びました。お風呂を沸かしてあったまり、寝床に入りスタジオでの稚拙な演奏収録音をイヤホンに流しつつ眠りに堕ち、グッスリ朝まで睡眠を摂り爽やかに目覚めれば、昨夜の酩酊状態での記憶が断片的に甦ります。

酔いも回って、まだ演奏も固まらないクセに、そろそろバンド名を…の議題でしたが、ただの酔っ払いエロオヤジと化した我々が、一体何の脈絡だったのか、意味不明に「じゃーバンド名は『肛門ボーイズ』にしよう!ゲヘヘヘヘ!!」と喚き散らし、ボーカリストA嬢からは完全無視された場面が脳裏に呼び起こされました。

こんな壊れたオヤジ衆のために、わざわざ箱入りの立派なバレンタインデーの贈り物を一人ずつに用意してくれたA嬢に、覚醒した今となっては申し訳ない気持ちで一杯です。
干物臭いオヤジ連中に取り囲まれて歌ってくれるご婦人なんて、全国中探したってそうはいないぞT氏よ、きむくんよ!わかってるのか君達!?
何が肛門ボーイズだ!?戯け者めがっ!反省するがよい!
でも…それは私の発言だったかな…?
まぁいいや。
どこまでもつかな、あの娘…。

本日午後は、新規の編集さんとの打ち合わせ。漫画のご依頼はまたしても“人妻エロ”。
人妻とは縁がないし、酔いが回っての言動とは裏腹にめっきりエロじゃないんだけどなー、私ゃ…。
ひと時の息抜きを過ごし、月末の〆切に向けて再び原稿に専念すると致します。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
姫始まらず…
実に4年ぶりのバンドごっこ活動再開は結構だが、何も尿道炎まで付き合いよく、4年ぶりに再発してくれなくてもよかろう。
あの爺様医者、私の腫れた患部を棒で突き回しながら、看護士さんが至近距離にいるというのに、「キミのはカワカブリだからね、カワカブリ!」と、また4年経っても大声で連呼しやがって…。
今度腫れても、もう行かないからな、あんな医者!
しかしマジメに薬を毎日飲んで、もうほぼ完治ですので、ご心配なきよう。
…やめときましょう、こんな話題は。

ひと仕事を終えて、スポーツジムに通ったりと、しばらく安らぎの日々を過ごし、そろそろ次の原稿のネタに取り掛からねば…と、依頼を頂いたエロ話を模索していた矢先でありました。
昨年末にたまたま宴席で知り合った、自称AV女優との若い娘Y嬢より、私の携帯にメール。
偶然にもその娘が今住んでいる所(って、カレシではない男友達の住居に、居候させてもらってる…との、昭和人種の私には理解できない状況です)が、私の住所の、隣の駅。
なのでご近所トークができるからか、はたまた私の人柄を好んで頂けたのか…と言っても“男”としてではなく、優しいオジサンとして、でしょうが、ご婦人からメールを頂戴するのは、私としても歓迎ではあります。

言っておきますが、私の年齢約半分のその娘に、悪いことなんざ一切致しておりません。
酔って、服の上から軽く乳房を揉みしだいて診察させて頂いたくらいですとも。
今時の若人は、携帯電話が最早身体の一部なのでしょうね。特に用事はなくとも、そのY嬢から意味不明なメールを時々頂戴するのですが、それが今日受信したメールの文面は、
『暇だから遊びに行ってもいい?』
ですとさっ!!
ど〜です!?旦那ッ!
残り少ない我が人生、このチャンスを逃してなるものか!…と、そこは余りガッツいた素振りを見せずに、さりげなく
『いいよー』
とメールを返し、年の功で上手く誘導に至り、それじゃあ今晩一緒に、沿線にある銭湯に行きましょう、なんてな運びにまで持ち込みましたとも!!

風呂屋の帰りに、酒屋に寄ってアルコールを仕入れ、彼女を拙宅に押し込んだら退屈させないように…そうか、まずは部屋を掃除だな!…と、若い娘とのメールでの会話を涼しげに続けつつも、必死の形相で散らかったままの洗濯物を畳んで片付け、部屋中にファブリーズをぶっかけまくったり室内清掃に汗を掻き掻き、しばらく人と喋ってないから滑舌をよくせねばと発声練習に勤しみ、拙宅に久々なる御婦人の来訪を控え、余念なく準備に取り組んだのでありました。
で、いよいよ具体的に待ち合わせのメールを受信!!
と、思いきや…。
『お兄様、勝手でごめんなさい。ちょっと微熱が上がりそうです。
またにお願いします。』
ってさ。
…う〜〜〜む、さすがは今時の若人。
なかなかヤルな。

今頃、私は若い肌を堪能しているかもしれなかったものを、こうして、無意味に綺麗に片付いた自室で、誰が読んでくれるか知れぬ日記をシコシコ書いているのであった…。
今年もいかなる苦境にも屈せず、歯を食いしばって生き抜こうと、決意を新たにした次第です。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
相変わらずの年始め
全国推定5名の愛読者の皆様、新年おめでとうございます。本年も変わらぬご愛顧の程お願い申し上げます。

ここ数年の、私の正月の恒例行動形態ですが、孤独をこよなく愛し過ぎて友人も身寄りも少ない私としては、大晦日から元日にかけては自室で一人ひっそり隠者の如く過ごし、スーパーで買ってきた安物のおせちを摘んでは熱燗を啜り、2日には銭湯の朝湯を堪能して、それから午後に出掛けて電車を乗り継ぐこと約2時間半、年老いた両親が過ごす、千葉県は遥かM原という辺鄙な地帯に向かい、数日の間はそこで寝正月を過ごします。

しかしそこは元々私には縁もゆかりもない土地。当然近所に呑み友達がいるわけでもなく、不気味な沼と雑草豊かな公園以外何もない近辺を一人で散策しても面白くなく、腹を満たしては寝転がって、持参した文庫本を読んだりCDで音楽や落語を聴いたりして、ひたすら怠けて過ごすのみであります。

そんなわけで、希望新たに本年の様々な活動に夢を馳せつつ、只今腐るほど怠けて過ごしております。
それにしても決して私は、都会育ち,都心生活慣れを気取るつもりなどありませんが、都心から一歩離れ、自動車と言う移動手段がなければ生活困難、クルマが生活必需品とも言える地は、やはりどうしても肌に合いませんねー。
ちょっと買物をするのにも自動車で出掛けては、やたらだだっ広いショッピングセンターだかの混み合ってゴチャついた駐車場で隙間を見つけ、そこに器用に駐車して…なんて技術が生活必須科目だとは、運転オンチ,道路恐怖症の私には、到底マネできません。

何を隠しましょう、かつて私も、自動車の免許を取る為に教習所に通ったのですが、涙なくしては語れぬ苦難の果て卒業試験に合格した際には、「はぁ〜、これでもう恐怖の運転をしなくてもいいんだ〜、良かった〜!」と、考えてみればかなり本末転倒な感想を持ってしまった愚か者です。
無論、以後立派に善良なペーパードライバーの地位を頑なに守っております。

そんなクルマ嫌いの私でも、いずれは住むか通うかしなければならぬであろう町。毛嫌いはしていられません。
かと言って、家からショッピングセンターにはとても自転車で行ける距離でもないわ、駅へのバスは何と夕方には終バス!だわ…。

親もとんだ所に家を建てたものです。勿論、とんだ所だからこそ家が建てられたのでしょうが。
…と、私には極めて居心地のよろしくない地帯で毎年正月を過ごしては、都内に帰りホッとして繁華街で酒を呑めば、「あ〜、クルマの運転が上手い美脚女性が、嫁入り道具に自動車持参で嫁に来てくれればなぁ〜〜…!あくまでも美脚で!!何としてでも美脚だッ!」などと泥酔しては醜中年には非現実的甚だしい見果てぬ夢を喚き散らし、周囲から失笑を買うのも、私の年始恒例行事となっているようであります。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
目指せライブへの道!
…なんて、到底無鉄砲な目標ですが、ヘタレオヤジバンド再結成作戦は、紆余曲折の末―ふとした成り行きで、不在だったドラムスの席には、結局は禁断のヘビメタオヤジT氏が納まってしまいました。
そう、彼は当HPのデザイナーであり、かつてはセミプロミュージシャンとして名を馳せ、数年前まではご自身率いるプログレ系バンドで活動を行っていた本格派の強者です。それだけに、下手の横好きレベルの私と相方のきむくんは、彼の恐い風貌に気圧され、バンド活動は逃げ腰だったのですが、酒席の油断で、再結成を誓ってしまったのです。

ドラムのT氏にギターのきむくん,ベースの私での我々トリオとしては、もう四年も前になりますが、とあるイベントの一興として臨時結成でディープ・パープルの曲を演奏すると言う、恥知らずの醜態を晒して以来の集結であります。

もちろん、干物臭い我々中年男三人の集まりのみでは、心浮き立つものも夢も希望もありません。馬鹿馬鹿しくて出掛けに歯を磨く気にもなれず、狭いスタジオ内にドブ臭い息を吐き散らかし不健康な加齢臭を壁に染み込ませるだけです。

それが、幸いにもこれまたふとしたツテで、念願の紅一点ボーカリスト希望者を発掘!
昨夕はそのA嬢をスタジオに迎え、記念すべき初練習を行ったのでありました。
カラオケで歌うのは好きでも音楽スタジオは初体験とのA嬢でしたが、その度胸と言うか勘の鋭さはなかなかのもの。我々の煩いだけで拙い演奏に臆することなく、しっかり声の通った歌を聴かせてくれて、初日の成果としては上々と言えましょう。

さしあたっては、スタジオに行くとロビーでは髪の長い若いバンドの兄ちゃん連中に挟まれ気後れしていたのですが、これからは『どーだぁ?オヤジバンドでも紅一点のピチピチ娘がいるんだぞ〜、いいだろぉ〜〜!?』と、それだけで連中に勝ち誇った気分になれるのですから、つくづく私は低俗極まりない小心者であります。


アフタースタジオの居酒屋にて、我々オヤジ組にとっては正に娘の年齢の美形娘を囲み、今後のバンド活動に向けての野望と対策について熱く語り始め…たつもりが、いつの間にやら下衆オヤジのディープな極エロ下ネタ合戦へと議題は移行し、親睦を深め(たのか!?)、清くお開きとなりました。
初回は懐かしいジュディマリのコピーでご機嫌を伺いましたが、やはり今後の目標は稚拙でも、オリジナル曲!

…まぁ、そう偉そうに言っても、所詮私は、漫画家だなんて閉じ籠り商売を選択した引っ込み思案の性分です。もし、あの娘に逃げられずに活動が順調に進んでしまい、万が一本当にいざライブハウスだ何だなんて物騒な運びになったら、ここだけの話、私は周到な計画でお腹が痛くなって都内から逃亡を謀る所存です。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
酒とバカの日々
その後のKちゃんからの情報によると、フィリピンパブを襲撃した練馬のエロ大王T先生は、フィリピン女性の乳房を荒々しく揉みしだきながら、貪るように唇周辺を舐め回し、内臓から魂までも吸い込むかの勢いで口内を吸引し味わい尽くしていたそうであります。
何しろ、先生が彼女の唇を吸い込む度に、そのフィリピーナの眼球が少し窪んでいたそうですから、恐るべき吸引力です。
一本気で純真無垢なKちゃんは、T先生が隣席にて見せたその怪奇な姿を、さもおぞましげに身を震わせつつ語っておりました。

その目撃談を聞いた私及び健全なスナックの面々とて、無論おぞましい気分になり身を震わせた次第であります。


しかし、そんなT先生だからこそ、常に濃厚なエロ作品を描写でき、衰え知らずに第一線で活躍できるのだと、ここは不肖の弟子としてフォローしておきましょう。


…と、年も押し迫り、“仕事に追われて四苦八苦”とカッコをつけたいのですが、私は先週まで怠けてアルコール漬けの日々でありました。

先日は、漫画家衆中心の恒例忘年会を池袋にて。
居酒屋で呑み食い散らかし、二次会はカラオケスナックになだれ込み、終電で帰るのも面倒臭く居座った揚げ句、残った毎度のオヤジ連中5名で、また居酒屋へ。

私の交友範囲も狭いですね。三次会まで残った呑んだくれのメンツとはほとんど、この日記に既に登場した面々。当HP制作者のデザイナーT氏に、同業の漫画家きむくん、それにクセ者漫画家Z氏に、件の実践派エロ漫画家、御大T先生です。
もう他に客もいなくなった深夜の居酒屋で、グダグダの怪しいオヤジ連中と猥雑に過ごし、ヘロヘロの朝帰りでありました。

最近特に、酩酊状態の己の言動を、ほとんど憶えていません。
数日経って、断片的に記憶が甦ったりします。
あの時の宴席でも、意味不明な科白をわめき散らしていたような…。

『早く帰れッ!ハゲ!!ハゲハゲハゲ!!』
(頭髪が不自由な先生方が他に数名いらっしゃいましたが、私だけには許された禁句でしょうか?)

『金ならあるんだ金なら!デリヘルだぁ〜!帰ってデリヘル呼ぶどォ〜〜!!』
(ちょっと小金を手にしただけで天下を取った気になる、浅ましい貧乏人の私です。勿論、朝帰りの果て一人で寝ました。)


そんなわけで、今週は反省してノンアルコール生活。マジメに室内に籠もり、しおらしく漫画原稿に取り組んでおります。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33