CALENDAR
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
哀愁の糠味噌ララバイ
なるほど、長屋の若い衆が毛嫌いし恐れ慄くのも、無理はありません。

日に日に熟成されゆく我が家の糠味噌は、覚悟していたとは言えど、今や相当に強烈な匂いを放っております。
こんなものを、よく食生活に取り入れたものです、我々日本人の祖先は。


…思い起こせば幼児期の頃、母親が糠味噌を掻き回し始めるや、部屋中を襲うその脅威的な異臭に子供の鋭敏な嗅覚は耐えられず、幼い私は本気で怯え泣き叫んで逃げ回っておりました。

糠味噌とダダ(ウルトラマンの怪獣)は、私にとって恐怖の原点です。

ダダは未だに恐ろしくてなりませんが、その糠味噌とは和解に至り、今や自ら毎日ヌチャヌチャと掻き回し、糠漬け制作に励んでいるのですから、我ながら不思議な因果です。


お茶漬け.jpg

お茶漬けに勿論良し。


寝酒.jpg

寝酒の肴に良し。


お汁粉.jpg

また、仕事中にホッとひと息、甘味の箸休めにも良し。


スパミソ.jpg

私の大好物、スパゲティーミートソースのお供にも……

ま、こりゃちょっと違った。


とにかく、粋で鯔背な糠漬けライフをここ最近は送っております。
一日一回、糠味噌を捏ね繰り回すや、塩を塗したナスやきゅうりに大根,人参,カブ等々と糠床に埋没させては日々満悦致しております。
原稿に追われる孤独な生活では、最早そんなことしか楽しみがありません。
よく漬かったナスなんか、丸々囓っても美味いんだ!

いい歳をして未だ変なものばかり捏ね繰り回し、明けても暮れても碌でもないものを埋没させることしか考えぬ、御大T先生や編集者G氏に代表される世の悪しき肉食獣連中に比べれば、何と私は牧歌的かつ高尚な趣味でありましょうや。
第一健康には万全です。件の肉食獣共と来た日には、人生後半に差し掛かったにも関わらず肉また肉に脂っこい物ばかり平らげ、精力を蓄えては汚らわしい快楽追求行為に興じているのですから…。まったく…。
いーなぁ~…。

いや話が脱線しました。そうじゃなくて、G氏の様に尿道からバイ菌を移されて局部が腫れ上がり性病科に通う心配もありませんし、T先生の様にホテルで交尾最中に不衛生な目に遭う恐れもございません。
これぞ医食同源。至って平穏無事で健全な、食の道楽です。


…などとまたしても私はつい背伸びをして偉ぶった発言をしてしまいました。実はいい加減もう、身体中糠味噌臭くて堪りません。
正直に申しますと、生殖行為活動に余念なく邁進できるだけの生命力旺盛な彼等絶倫諸氏に、些か羨望の眼差しを向けないでもありません。



〆切遅れで若い編集さんに謝り倒し、何とか無事に原稿を仕上げひと仕事終えたのが一昨日。
ひと息ついて昨日はスポーツジムに足を運び筋トレの真似事で英気を養い、軽く心身リフレッシュ。
夜はホステス嬢からラブコールのスナックお呼び出しメールを頂戴するも、残念ながらここで魅惑の夜の蝶相手に呑んだくれてふやけている場合ではなく、適当に躱して誘惑に打ち勝ち、潔くノンアルコールで晩ご飯。
本当は会いたかったぜっ、ミチコちゃん!


さて、次にまた…どこぞの奥さんがどこそこでこんなエッチなことをしましただの何だの、そんな下世話なストーリーを考え机にヘバリついて漫画を描かねばなりません。
こんな時だけは、次々と淫らな構想が湧き出てくる実体験豊富なエロ魔神 T先生が羨ましくもなります。こんな時だけは…です。


こうして時間に焦りながらも独り暢気に不埒な漫画を執筆して、夜な夜な糠味噌掻き回して好きなもの食して気ままに生きていられるのですから、誰に文句を申す筋合いもございません。

ただひとつ確実に申せるのは、こんな自室に引き籠った世間知らずの生活をかれこれ二十余年も続ければ、百戦錬磨の夜のおねえさんには、まさに赤子の手を捻るかの如くに、汗水流して得た財布の中身をあっという間に空っぽにさせられるのも道理だと言うことです。
ご同業者各位、くれぐれもご自愛ください。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
綾瀬ジャズ紀行
日夜一心不乱に画業に精を出しつつも、実は相変わらず怠けた生活態度で不真面目に生息しております。

先日はジャズギタリストとの二人稽古に、ベース担いでいそいそと電車を乗り継ぎ、綾瀬の音楽スタジオまで。

綾瀬駅前.jpg

熱くスタンダードジャズ曲の練習に励んできました。


…なんてカッコつけて申してはみても、所詮エロ絵師風情の奏でる稚拙な楽器道楽の話ですから、申すまでもなく、ほんの戯れ事。低学年のお遊戯です。勘弁してください。


しかし、お相手のギタリスト Y田氏は、プロミュージシャンとの共演も幾度となく経験を積んだ、正に “お金を取れる” 技量の本格派!

私の拙過ぎる初級ヘタレ4ビート擬きに、よくぞお付き合い頂いております。

「酒とバラの日々」に「いつか王子様が」,ボサノバ「イパネマの娘」等々、何しろ、ジャズ定番曲のコード進行を私がヘッポコまくって弾いても、そこにハイレベルの早弾きフレーズで流暢に心地好いギターを重ねて奏でてくれるのですから、私としては気持ちいぃ~ったらありません。
完璧にジャズを極めた御仁で、私より幾つも年少の独身風流人です。


Fender&Gibson.jpg

どーです?数寄者ならば垂涎のギブソンとフェンダー揃い踏み!激渋ッ!
…私のベースは数寄者一蹴の改造しまくり物ですから、あんま見ないで。


ギタリストY田氏は、スタジオではもちろんのこと、その彼のマニアックな真髄はスタジオ後の安居酒屋でこそ本領が発揮されます。


大人の清い音楽同好会では、申すまでもなく、エロネタはご法度。
ですから、私のようなエロネタの塊、エロでメシ食ってるなんて秘めごと業界職種の不貞の輩は、フタをされて当然の “臭いもの” です。
私もバンド交友の中ではでき得る限りその異臭は隠し、ただの怪しい坊主に成りすましております。

それほど卑屈になるに及ばぬ、とのご意見もご尤もですが、「エロ」とは斯くも一般社会に於いてはタブーで危険な分野でありましょう。
あのエロ本業界の重鎮 エロ怪獣T先生とて、バスや電車に乗る際には必ずパンツを腰まで穿くそうです。
業界屈指の大物エロ編集者 G氏とて、吉原と鶯谷の地以外では、竹中平蔵と何ら見分けがつきません。

私が現在参加しているブルースバンドにもオールディーズバンドにも、妙齢のご婦人が在籍しておりますし、それでなくとも一般市民での集いでは、悲しいかな「エロ漫画家」だなんて私の正体は、知って知らぬフリをされて、然るべき対処でありましょう。無論、エロ漫画家の巨匠 T先生との夜の練馬での黒い交際など、口が裂けても打ち明けられません。


しかし、ハイテクギタリストY田氏だけは違います。
私の生業を、蔑むことなく受け入れて頂けました。

何故なら彼は、基本的には「ソロギター」をご自身のライフワークとして日々精進なさって音楽を極める…と同時に、下腹部方面でも、「ソロプレイ」を極めていらっしゃる正真正銘の快楽探求者だからです。

ですので、その点で私もジャズのみならず、エロス学科でも彼の世界観は大変勉強になっております。
漫画にもかなりの一家言をお持ちの彼。ひと言ひと言に含蓄があります。
彼は、そんじょそこらのエロ親爺とは一線を画しております。ギターの腕も然ることながら、オ○ニー界でもジョー・パスを凌駕するかの、ソロの可能性を極限まで追求した技巧派です。

独自の人生哲学を持った彼には不思議な魅力があり、彼の志すソロプレイの飽くなき修練は、綾瀬の安居酒屋の片隅で熱く語られます。
肴をほとんど食べ尽くしても、彼の弁舌は止まりません。

呑み助.jpg


Y田氏のような本格マニアな御仁が求め、唸らせるエロス・ワールドに、私も少しでも近付く描写ができるように心してエロ道を邁進しなければなりません。


って…ジャズの修行に足を運んで、ギタリストから何をエロス方面に感化されて帰ってるのでしょうか…。
ホロ酔いの帰路は冷たい夜風が身体中に沁み、ベースがひときわ重く肩に食い込みます。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
新年マヌケ趣味
蛇柄女.jpg


あけましておめ……
…なんて今更どうでもよろしいですか。
どうせまたすぐ、花見やって夏が来て、猛暑から涼しくなったと思ったら寒くなって、クリスマスだよっ!


早苗ちゃんとグアムで新年を迎え、この正月はたっぷりバカンスを堪能して、帰国してからは休みボケと闘い、遅れた仕事に追われておりました。



…ん~なワケもございません。言うまでもなく嘘です。
嘘に決まってんだろ畜生ッ!!パスポートも持ったことねーやい!

その様な人間らしい幸せとは程遠い人生を選択してしまった私は、正月休み関係なく独り自室に籠もり卑猥な大人の漫画を執筆し、また休む間もなく、次は風俗店のHP用のいかがわしい倒錯したイラストを描いたりと、真面目に画業に勤しみ、慎ましく質素に暮らしております。

そりゃ旦那ね、こんな生活じゃ、ブログで何を語る話題もございませんやな。
私も長年生きておりますが、新年を迎えたからといって、何ぞめでたいことがあった試しもございません。孤独死が刻一刻と近付くだけです。


などと年頭から捻くれて不貞ていても始まりません。


シチュー.jpg

昨日は温かいクリームシチューなんぞを作ったりして、仕事をしつつも気ままに平穏無事に、優雅と言えば優雅に過ごしております。


先日には、近所にお住まいの孤高のソープ編集者 G氏が、こんな私に律儀にも正月旅行のお土産をと、甘いお菓子に讃岐うどんを持参で拙宅に顔を出してくれました。

日夜、世の男性諸氏の股間の血行を促進させんが為にと魅惑のアダルト誌作りに励むG氏は、プライベートでも実に研究熱心で、
「この前ね、19歳とね、×××しちゃいましたよ、19歳と!19歳ですよ19歳ッ!!」
なんて嬉しそうに鼻息荒く血色の宜しい頬を緩めておりました。

竹中平蔵似の彼が、19歳の娘さん相手に何をどうしたのかは私の感知するところではございませんが、その衰え知らずの逞しいバイタリティーには毎度圧倒されるばかりです。

讃岐うどん.jpg

Gさん、讃岐うどん、美味しゅうございました。


バイタリティーと申せば、男女の淫らな営みを怠ることなく実体験を以て追求し、常に向上心を抱き生々しく繊細な描写を続ける先輩ケダモノ作家 エロ大魔神T先生も、その職務を探究すべく、ひと仕事を片付けるや相も変わらず大塚のホテルに足繁く通っていらっしゃるのでしょうか。

お二方とも、私の様な草食動物さながらの軟弱者からすると、実に見上げた生命力旺盛で生粋な、真のエロ業界人と申せましょう。


彼等の、公私共々肉欲快楽追求に人生を捧げた強靭なる精神と肉体とは裏腹で甚だお恥ずかしいのですが、私はと申せば、今年も性懲りもなく不埒な楽器趣味活動に現を抜かし、いそいそ音楽スタジオに足を運ぶ始末。
ブルースバンドに、ジャズの稽古もちょびっと。それに新たにオールディーズバンドの結成も…と、何が何だか自分でもわかりません。

その上また最近では何故か「ぬか漬け」に嵌って密かにお漬物をこしらえたりと…、何とも私はエロ漫画家の風上にも置けぬ、生ぬるい不届き者でありましょう。


「ぬか味噌の樽から茄子の古漬けを引っ張り出せだぁ~!?
オイオイ、それだけは勘弁してくれや!ぬか味噌ほどドジでマヌケなもんはねぇんだからよォ!あんなもんに江戸っ子が手を突っ込めるかよォ!
ヌチャヌチャして爪の間に入り込んで、匂いは取れねぇし…いい若ぇモンのすることじゃあねぇやな!」

…とは、落語の『酢豆腐』で、長屋の若い男衆が暑気払いに一杯呑ろうとして肴を求める席での一節ですが、つまり私は、とんだ “ドジでマヌケ” な趣味を始めてしまったと言う次第です。

何事も形から入らねば気の済まぬ私。立派な陶器の漬物専用容器を物色しネット通販で購入。

糠漬.jpg

いい若い者でも江戸っ子でもない私は、見よう見真似でぬか床を掻き回しては悦に入っておりますが、さて、果たして美味しいお漬物ができるのでしょうか?


これまではスナックで三十路姐さんに下世話な黴臭いトークを繰り広げては、長っ尻に閉店までクダを巻いて居座る不粋な私でありましたが、今年からは少々違います。

「…おっと、もうこんな時間か。
そろそろ帰ってぬか床掻き混ぜにゃあならねぇぜ。胡瓜が漬かり過ぎちまわぁ。
じゃ諸君これで失敬。ママお勘定ね」


どうです、粋でしょ?鯔背でしょ、風流人でしょ!

んなことない?爺臭い?やっぱりドジでマヌケ?
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
忘年会 練馬交友録編
毎回毎回、呑んで騒いだだけの醜態報告ばかりで誠にお恥ずかしい…。

これでも今月前半は、不覚にも風邪に襲われ、咳と熱の諸症状と闘いつつ原稿に追われ、三流のプロ根性で無事に職務を遂行させました。


で、それから先日、またもや一晩中呑んだくれた話題をば…。


単体.jpg


今はなき練馬の名スナック「ぶんぶん」のママ宅に、季節毎に元常連客と歴代ホステスお姐さま達とで押しかけてはドンチャン騒ぎ立てるとの、近隣住民にとっては迷惑も甚だしい恒例行事で、この年末も忘年会を企ててはおりました。

ところが、今年はママに事情ができて、その企画はお流れ。
…では寂しいので、ママ抜きでのささやかな宴を、この私が率先して具体的に計画を立てたのは、何を隠しましょう…ひとえに、私が早苗ちゃんと会いたかっただけだから…、と言う偽りなき真相を、この場をお借りして告白申し上げます。


元「ぶんぶん」の名ホステスで、現在は日々多忙なキャリアウーマンである早苗ちゃんは、まさに幻ポケモンのような出現率です。

かつてポケットモンスターにハマっていた頃、知恵と力を駆使して日本男児の意地と勇気と努力で捕獲した幻ポケモン、ライコウ,スイクン,エンテイの三匹を、更に執念で全てレベル100まで育てあげたこの私の類稀なる技量を以てしても、練馬の幻フェロモン姫 早苗ちゃんだけは毎度捕獲に失敗してばかりです。

忘年会01.jpg

小さな居酒屋に始まり鍋をつつき、酔いも程よく回った頃に、「歌いた~い」と仰せの早苗ちゃんのご要望で、Kちゃん最近お気に入りのスナックへと向かいます。

フェロモン姫の歌声に酔いしれ、僭越ながら私も渋い喉を数曲披露。

心地好く酩酊しても、気付けば邪魔臭い野郎どもは、まだ帰りやがりません。
忘年会を計画して、メールひとつで見事に早苗ちゃんを呼び出せたのは、この私の努力の賜物だと言うのに、ダシに使った練馬の親分Kちゃんに舎弟分I君も、参加するまでは良いものの、年長の私に気遣うことなく延々と無遠慮に居座るのですから、まったく仁義を弁えぬ野暮な連中です。

もっとも、我々揃いも揃って幸薄く胡散臭い中年独身組、皆一様に目当ては色香の塊 早苗ちゃんなのですから、それも致し方ございません。

私の計画では、そろそろ早苗ちゃんと二人きりになってシッポリしけ込む手筈だったのでありますが、何と言う運命の悪戯でありましょう。
その店に偶々現れたのは、やはりかつての「ぶんぶん」常連客、練馬の有名人、その名も “マジシャン” 氏!
彼は本格的なマジックの腕を持つ、練馬界隈の夜の店では名の通った御仁であります。

そして実は彼もまた、早苗ちゃんに人一倍熱い想いを抱き続ける信奉者。

立派な年齢の我々孤独な中年男四匹が鼻息荒げてイカ臭く早苗ちゃんを取り巻く始末で、とんだ番狂わせです。

クリスマスを前に、私もそろそろ残り少ない人生を懸けて今回こそ早苗ちゃんに男の色香を発揮し、今頃は酔わせた彼女の頬っぺた周辺を賞味している密かな目論見だったのが、野望虚しく大誤算です。
これで、クリスマスも初詣の時期も、連続二十余年に渡り寂しく過ごすことが決定です。

計らずも「ぶんぶん」元常連客四人衆が、歴代ダントツのスターホステス 早苗ちゃんと共に、お次はまたすぐ向かいの広い居酒屋へと。

忘年会02.jpg

「早苗ちゃん残して消えてくれテメェら!!」

…と、そう願うのは恐らく私だけではなく、男衆皆同様な思いを隠して、表面上では親睦を深めます。

陽性関西人のKちゃん、また器用に、隣席の若いご婦人衆お三方に上手く声を掛けては、清く盛り上げます。

その彼女等は、某有名大手通販店の社員さん達とのこと。
一旦和やかな交流になるや、今度はマジシャン氏の出番。こうなれば彼の独壇場です。

コインマジックにトランプマジックと、お得意の腕前に初対面の若い女性達の嬌声が上がり、彼のマジック・ワールドが次々と展開されます。


私の密かな人生設計は崩れ去るも、結構な年の瀬の宴席でありました。


またしてもアイドルの早苗ちゃんには、かつてお店に通っていた頃同様にスルリと逃げられ、気がつけば正月休み明け〆切厳守の原稿がデ~ンと控えて、もう人様並みに遊び呆ける余裕もございません。


当ブログ愛読者の親愛なる推定十数名の皆様。こんな調子で、来年も私は害虫のような醜い生活を送り続けるかとは存じますが、変わらぬご愛顧の程を何卒お願い申し上げます。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
家畜の宴
あれよあれよと今年も余すところ一ヶ月。
当HP統括責任者 デザイナーT氏と、たまには軽く安居酒屋で一杯…と、池袋で落ち合い、生ビールで乾杯。

再会T氏.jpg

たしかにそこの居酒屋は、安い!
“食わにゃ呑めない” タイプの、謂わば “卑しい酒” とも称される我々大飯喰らい二人が揃ってバカスカ肴を注文しムシャムシャ競うが如く食べ続け、ビールにサワーやら延々数時間ガボガボ呑み散らかして、お代金合計1万円も掛からないのですから。
店員も少なくないのに、こんなんで稼ぎになるのでしょうか?
どうりで、店員の娘さんは皆痩せぎすで小柄な人ばかりでした。
そりゃ関係ないかね。


「いや、今晩は結構なお酒でした。
ご家族の皆さんにはくれぐれも宜しくお伝えを…。ご機嫌よろしゅう。
ではまた。おやすみなさい」


…だなんて、小綺麗に洒落た真似ができるほどに、私はもちろんT氏とて穏やかではございません。
男同士で呑んで酔って腹も満たしゃあ、
「次はオネーチャンのいる店じゃ!オナゴじゃオナゴじゃぁ~ッ!!
突撃じゃ~!!」
となるのが、万国共通、自然の摂理。古今東西の常でありましょう。


T氏の奥様、申し訳ございません。ご主人に決して道は外させません。
デザイナーT氏と共に練馬へと河岸を変え、熟女の色香漂うスナック Hへと。
浮世の義理で、悪の御大 例の淫猥狸親爺 T先生にも声をお掛けしたところ、生憎しばらくして来てしまいました。

美魔女ママをはじめお馴染みC姐さんに、網タイツのオミ脚眩しいA嬢,それに新人三十路ホステスに囲まれ、オヤジ衆三人、酒池肉林の極楽気分であります。

何を思ったかT先生、やにわに私の可愛い頭部にマフラーを巻きつけるや、
「取れかけのコンドームや!コンドームやねんッ!ガハハハハッ、グヒャヒャヒャヒャ…うんこちんちん!うんこちんちん!」
と、相変わらず眩暈がするほどに品のないことを叫び、喜んでいらっしゃいます。

さすがの温厚な私もこれには不愉快千万でしたが、これも表面上では尊敬するエロ漫画界の巨匠 T先生へのご奉公と、甘んじてその暴挙を受け入れ耐え忍んだ次第です。
いえ、私自身が先輩作家からどんな屈辱を被ろうとも構いません。しかしながら、そんな下劣極まりない低俗な話題を振られ、無理にでも愛想笑いのひとつも浮かべねばならぬ貞淑なホステスの皆さんの心情を察するや、私は心底やりきれない思いに駆られてなりません。

だからと言って、私一人が澄まして日本の政治を語っても始まりません。穢れた連中に染まることが、今は分別ある大人としての嗜みでしょう。
私の秘技、“おしぼり芸術” の男性生殖器を丹精込めて制作し、卓上に披露してみました。
するとそれをあどけない手つきで弄ぶA嬢に、
「あっ、あぁ~、そんなとこ擦られたら…出ちゃう出ちゃうぅ~ッ!!」
なんて、人生後半の親爺連中皆で涙ぐんで騒いで歓喜に喘ぐ始末ですから、何とも無邪気ながらも、実に痛ましい限りです。


安居酒屋で心地良く酩酊…までは宜しいものの、結局酔って気が大きくなってはスナックでとんだ大枚飛ばしてママとホステスの生活を安泰させ豊かにしているのですから、何とも我ながら滑稽な行動生態であります。


アフターでC姐さんにA嬢のお二方を従え、ドップリ深夜に近くの居酒屋「庄や」になだれ込みます。

泥酔境地.jpg

店長つかまえて何故か記念撮影頼んだりして…。
夕方頃からアルコールを浴び続け、もう脳内滅茶苦茶です。ほとんど記憶もありません。
画像は左より、C姐御,エロ狸,私,小悪魔A嬢,T氏。


暖かい店内で上衣を脱いだら肩から豊満な乳房半分露わのキャミソール姿になりそうになるA嬢を、さすがに酔ってはいても我等お父さん達三人、そこは慌てて制止し着衣を戻させたことだけは覚えています。
飲食の席上で鼻血出させてどーするかねキミッ!?
我々にはまだ充分、生殖能力があるんだ!
そのうち倫理観のないケダモノも中にはいるんだ!気をつけたまえ!


ベロンベロンのヘロヘロで、早朝奇跡的に自室に辿り着き、布団に倒れ込むや昨日半日はひたすら泥々に眠るのみでありました。



今年もあともうひと月。
人類滅亡の噂はどうやらガセネタの様子ですし、諦めて反省し、これからおとなしく原稿に勤しむと致します。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33