CALENDAR
<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
ちん拓 オン・マイ・マインド
怠惰な心構えながらも、それなりに多忙の日々を過ごしております。

〆切に焦り原稿を進め、食材の買い物に行く以外は室内に閉じ籠もりきりの単独生活ですと、結構な手間になってしまうのが、重なった仕事の時の編集さんへの原稿渡し。
最寄り駅まで来て頂けるとしても、次の〆切に焦燥し、その暇さえ惜しいような切羽詰まった状況では、それだけで面倒だったりします。

ミニスカート姿に巨乳を揺らせる担当編集女史への入稿でしたら、男たるもの次の仕事どこ吹く風で臭い身体中にファブリーズを振り掛け除菌してどこにでもすっ飛んで行くでしょうが、私の経験上、エロ本業界の裏方にそんなのはいません。
稀にいたとしても、私のところには来ません。
しかたなく、駅で入稿ついでに買い物も済ませようかと支度をして外出。


…と、いうのが、この前までの常でありました。

それが現在では、時代遅れの私がたまたま編集さんの指図のもとに覚えたのが、作品データをアップロードし、それを編集部でダウンロードしてもらう、ってな最先端の手段!
って今どきの詳しい人たちには当たり前の作業なのでしょうが、アナログ人種の私にしてみれば、不思議な事に違いありません。
何しろ、完成した作品データを「圧縮」し、それをジコジコジコジコ…と読み取られ、できたURLをコピーし、編集さんにメールで送れば、入稿完了なのですから!

「圧縮」だの「解凍」だの、私には何のことやらさっぱり理解できませんが…。

漫画の原稿が、CD1枚に移せて、それを渡せば入稿できたと言うだけで、私にとっては充分感慨無量の現象でありましたが、パソコン作業で自らの漫画の入稿ができるとは、私もとんだ長生きをしてしまったものだと、しみじみ感じる次第です。

私の世代では、「ファックス」の登場で、“画像が電話回線で送れる!?”って感激を、未だに忘れることができないのです。


今やパソコン関連に押され、巷の“文明の利器”からは格下げされてしまったかの感ですが、家庭用ファクシミリが世に登場した時には、それは我々絵描きを志す者には画期的な憧れの機器でありました。

留守番電話機で小便チビりそうになった年代の私には、“絵や写真画像が電信で送れる”だなんて俄には信じ難い程の、それは正に魔法の小函でしたが、その当時、漫画家必須のB4サイズ送受信可能な機種となると、A4から段違いに価格が上がって、たしか実売価格で約15万円!
食うや食わずの売れない漫画描き衆には、相当な決意がないと手を出せない価格です。

それでも仲間同士でこぞって買い揃えては、遠くに住む相手に画像が電話回線で送れるという事が面白くてしょうがなく、実際の仕事で利用することなど滅多にない身分の癖に、実験と称して役立たずの悪戯に明け暮れてしまったものです。

何しろ私を含め、周りは人生を勘違いした選りすぐりのバカ連中。
高精細の写真レベルの送信実験と言っては、各自秘蔵の無修正卑猥本のグラビア画像を送りつけたりは当然。
「そんな裏本持ってんなら今度俺に貸せ!」「それならこの前お前が送ってきた本と取引だ」だのの熾烈な騒ぎ。夜中に電話を鳴らしては便所の落書き以下の憎たらしい下手な陰茎の絵を送る輩がいたり、果てはアイドルの顔とエロ本のヌードグラビアを合体させて意気揚々と送ってきては悦に入る輩と…、それは最先端の利器を活用して、極めて知能の低い遊びに嵌まってしまったものでした。

そんなある日のことです。私は目覚めると同時に、ある作戦が脳裏に閃いたのです。

“そうだ、ちん拓を作ってFAXで送ってやろう”と…!

思い立ったが吉日、善は急げです。
何しろ、周辺には私と同種の戯け者ばかりです。
せっかくの妙案を先取りされ、ちん拓FAXを実行されては、男たるもの一生の不覚に他なりません。
どうせ仕事もなく暇な体の私は、紙とインクに筆を用意するや、やおら下半身を露出させ、狭いアパート内にて我がちん拓作りに挑んだのでありました。


8萬ガメラ.jpg


ファクシミリの1ランク高尚な活用法として、アイディアとしてはすこぶるナイスでしたが、しかしこれがなかなかの難題!
嘘だと思うなら試しにやってごらんなさいよ旦那!

当然フニャフニャのままでは形にならず、ある程度は巨大化させなければサマにならないからと、その為に発情材料の猥褻ビデオ映像を流して本能を呼び起こし、適度な硬度を保ったら、竿部及び玉袋裏一面に筆でインクを塗布して紙に押し付けるという、それは決して田舎の両親だけには見せられぬ何とも哀しい光景でありましょう。

『そんな事をさせる為にお前を育てたのではない!』と心に響く父親の声と、天で嘆くご先祖様の戒めの声とも闘いつつ、私はちん拓作りに身を投じたのでありました。

しかしながらどうしても納得の行く作品ができず、何枚も紙を無駄にし、股間はインクだらけ。
ひと目で「ちん拓だ!」と判る作品に仕上げなければ、策略は失敗なのです。

それでも苦労の甲斐あり、陽も傾きかける頃ようやくちん拓らしき1枚の芸術的作品が完成しました。

日頃くだらぬヌード写真等を送信してくる売れない漫画家仲間の悪友に、会心の一撃!とばかりに、私は不敵な笑みを浮かべつつ苦心作を高精細モードで送信してやり、勝利の充実感に酔いしれたのでありました。


さて、無事に男を上げて目的を果たしたまでは良いものの、ふと気づいたのが、インクだらけになった我が股間。
当時の私の住処は風呂なしアパートでして、台所とも言えぬ玄関口の狭い水道部で下腹部を洗うには、かなり無理があります。
しかも、私が漫画を描くのに愛用していて、今も股間に塗りたくったのは、水では落ちにくい製図用黒インク。
タオルを数枚犠牲にして懸命に石鹸で洗うも、むしろインクの染みは下半身に広がる一方。床にも流れ落ちたインク跡が大量に染み込み、それは大変な事態に。
それでも製図用インクは完全には洗い落とせず、内股一面に薄いインクがこびりついて青みがかり、何か危険な病気の症状になったかの不気味な姿になってしまいました。

その状態で、あとは銭湯に行くしか手立てはありません。
この下半身を他人様に発見されては、間違いなく不審がられるでしょう。

もし銭湯から警察に通報されて、しょっぴかれて交番で尋問をされては、私は泣きながら「ちん拓を作ってました」とお巡りさんに白状し、果ては実家の両親をも嘆かせることになるのは明らかです。

あの時の銭湯は、脱衣場からシャワーに向かうまで本当に恐怖でした。


FAXは今でも私の仕事では大事な役割を担い、原稿のデッサンを上げては複合機でコピーを取り、編集部に送信…と、なくてはならぬ必需品です。
“画像が送れる”どころか、今や完成原稿もデータ化して、編集部に入稿。
ひと仕事上げて、完成作品のデータをアップして、担当編集者にそのURLをメールで伝えたら、一歩も外出することなく入稿完了。


その度に、私はあの若き日のちん拓大作戦での栄光が、心に甦ります。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
セッション in 高田馬場
高田馬場.jpg

西武新宿線高田馬場駅構内のトイレで昨夜、小用を足しておりましたら、個室から妙に高い声…?
あれっ?ここって男性用トイレ…?だよね、小便器があって今私はそこで用を足しているんだから…と当たり前のことを確認するや、またすぐ背後の個室から微かに悩ましげな高い声!?
女みたいな声を発しやがって…、うんこを出す流儀も人それぞれかね…と思うも、あれれ?低い男の声も確かに漏れてきました。
ってことは…!?

確かにそこは、ちょっと死角になって女性でも男性用にこっそりと忍び込めそうな立地条件のトイレ。
それにしても公衆トイレの個室内で、男女が睦まじく一緒にうんこをしているとは考え難いですし、我慢できずに将棋をさして勝敗を賭けて唸っているとも思えません。
するとやはり、まさか、もしや…!?


羨まケシカらぁ~~~~ん!!


米と味噌を買って、ささやかな呑み代をも稼ぐためには、怠け者の私とてここしばらくは真面目に原稿に取り組んでおりました。

原稿のペン入れから、〆切に向けてベタ~ホワイト~トーン処理仕上げまでの、予断許されぬ状況とあらば、真面目な漫画家ならば決して気を抜く場合ではないでしょう。
しかしながらやはり大して真面目でもない私は、こんな状況でも道楽活動の誘惑には屈してしまいます。

いーじゃないの、その日のために頑張ってしっかりペン入れ終了まで遂行させたんだから!
と、無理矢理自己弁護をして、浮き世の義理で(でもないか)、曇天の昨日はベース担いで高田馬場まで足を運び、初対面の人達とスタジオで怪しいブルースセッションをば。

ギター&ヴォーカルのリーダー氏は、酸いも甘いも噛み分けた骨の髄までブルースが染み込んだかの、味のある還暦にお近い御仁。
そのお姿を画像でご紹介できないのが残念。
街で見かけたら相当に怪しーぞっ!
例えるならば、「ブルース・スナフキン」。
ムーミンに出てくる流浪の詩人(だっけ?)、スナフキンね。あのスナフキンのブルース版。わかんないか?

それにドラム,ピアノ,女性ギターに、私のベースの5人での3コードブルース。
“BOOM-BOOM”だの“MY BABE”だの“DUST MY BROOM”等…なんて、今まで私は知らなかったド偉くド古いド渋ブルース曲ばかりでありました。
みんなほとんど同じに聞こえちゃったけどね。

恐らくは狭いスタジオ内で強烈な加齢臭に目眩を催したであろう若い女性ギタリストは、お約束通り演奏会の後は所用だそうで我等オッサン連中から早々に逃亡を図り、心持ち消沈気味の熟年男性衆で近くのファミレスに落ち着き、ビールを呑みつつ談笑したのでありました。
そりゃ相当に干物臭いもんね、我々…。

ロック~ブルース、よりも、皆さんブルース~ジャズで、件のリーダー氏に至っては更にハワイアン!方面の演奏が守備範囲だそうで、なかなかに渋いご趣向。
「今度はピアノトリオ演りましょう」なんて、ジャズの本をお貸し頂いても…あのォ~…3コードのブルースからジャズへの壁は厚いんですけど…。

3コードだって途中コード進行忘れちゃうこの私に、
“AUTUMN LEAVES”に“DEAR OLD STOCKHOLM”だって。
「マイナーセブンスフラットファイブ」だの「パッシングディミニッシュ」やらだの、平民を小馬鹿にしたような厄介な奴が出てくるからね、ジャズとなると。

まぁ私の音楽の好みでは、例えばビートルズやベンチャーズのカバー演りましょう…とかのお誘いでしたら却ってお断わりなのではありますが。
様々な人との出会いによって、思いがけない方向に行くものです。
改めてビル・エバンスとか聴き直してみないとね。
スコット・ラファロのベース聴いておしっこちびるだけだろうけど。


それにしたって、スタジオ代にビール代合わせたって、ひと仕事を終えるや大塚だかに足をお運びになって素っ裸で運動に励み、更に練馬のスナックで暴れ廻るT先生のおぞましいお道楽代金の、10分の1にも満たない額で済む趣味ですから、至って慎ましいものです。

因みに、私の駄文をお読み下さった先輩作家T先生より、先日酒席にて注釈事項を賜りました。
先生は身も心も懇意になったご婦人を十日間お風呂に入らせないで、その自然の臭気漂う女体を玩ぶ…のではなく、特に“十日間アソコを洗わせない”で、そこを中心に心ゆくまで味わい尽くすのがお好みだそうであります。
「それをしっかりと明記してくれないと困るわい!」と甚だ心外のご様子でしたので、ここに謹んでどうでもいい訂正をさせて頂きます。

いずれにせよ、T先生とは深くは関わらない方が無難でありましょう。
練馬区にお住まいの奥様方、くれぐれも戸締まりには昼夜問わずお気をつけ下さい。


さて、そんな昨日でありまして、またのセッションを約束し皆さんと清く別れた後、西武線のトイレで謎の男女の声を聞いてしまい、ブルージーな気分も一気に吹き飛んでしまい、帰還に至ったのでありました。

高田馬場トイレの男女同様に私もこっそり背徳の気分転換を果たしましたし、原稿完成を目指します。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
練馬から消えた灯
ぶんぶん記念画.jpg

この練馬の地に移住をしてから、私にとっては憩いの場であった小さなスナック「ぶんぶん」が、惜しまれつつも諸事情により先月を以て、二十余年にも及ぶ歴史に幕を閉じました。

平成元年に開店したとの、昭和の香り漂うそのノスタルジックな空間は、少なくとも練馬の繁華街では残念ながら他に代わる店を私は知りません。

きわめて気の弱い私は、その感慨深い最終営業日に顔を出すことは敢えて避けて、前夜にこっそりと立ち寄り、僭越ながら心ばかりの記念品としてフレームに収めた拙画をママに進呈し、最後のボトルからバーボンソーダを軽く呑んで、そそくさと去り銭湯に向かったのでありました。


しかし翌日、最終日の夜には案の定…常連の呑み友達連中から連絡があり、気の弱いことこの上ない私は強引なるお誘いを拒むことなどできずに、結局足を運んでしまったのでありました。

何しろ、開店から二十年以上もの歴史を誇る店ですから、10時半頃に私がドアを開けた店内では、それはもう長年に渡る常連衆はもちろん、かつての歴代名物ホステスお姐さまから、ママの娘さんやら、何故か近くの焼鳥屋から引っ張り込まれたとの一見の酔っ払いオヤジと、宴も酣でシッチャカメッチャカの大賑わい。

全5人.jpg


私がこのスナックに一番通いつめていた頃の、伝説のホステス“練馬のフェロモン”早苗ちゃんにも、私はたしか3年ぶりにお目にかかれて感慨無量。

ママサナカツ.jpg

恵比寿様のようなママの神々しいご尊顔はそのままご紹介させて頂きまして、右がKちゃん,左が幻の悩殺姫、早苗ちゃんであります。


ちなみに、ママがやむなく閉店に踏み切ったのは、客足が途絶え採算か取れなくなったから…ではなく、ご主人の体調の問題。
ご病気をされて幸い回復なさったものの、今後はご主人の面倒を見なければならなくなり、そういった事情で、毎日店を開けるのが困難になったからだそうであります。

ママカツ私.jpg


午前0時も回るや赤ら顔の常連さんは一人また一人と去り、ママは感極まり、堪えていた涙腺も緩み放題、号泣放題。

…だから最終日はイヤだったのよ。だって私は気が弱い上に、涙腺も弱いんだからっ。
「ジャイアント・ロボ」の最終回で、ボロボロ泣いちゃった私なのですから。


実に平成元年の開店当時からの馴染みであったとの、今や練馬の親分、Kちゃんも、それは人一倍義理人情に厚い男ですから、私ごときには計り知れない深い思いであったでしょう。
関西出身のKちゃんにとって、この店のママは彼がまだ二十代の頃からの“東京のおっ母さん”でしたから。

ママと元ホステス姐さんに見送られ、明日からはもう再び灯ることのない「ぶんぶん」の看板から立ち去り、胸の詰まる湿っぽい気分を替えようと、Kちゃんと共にC姐さんのいる別のスナックへ。
C姐さんの胸元に指をツンツンしては「オッパイ吸わせぇやボケ!!」だのと威勢よく騒いでおりましたが、それもKちゃんのナイーブな一面の裏返しでありましょう。終始彼の目は潤んでおりました。


私も、いつもと違って妙に酔えない夜でありました。

何故ならば、この一週間呑みに呑みまくって、身分不相応なとんだ額をアルコール代に撒いてしまって、さすがに自己嫌悪に陥ってしまっていたからであります。

今月はノンアルコールで一心不乱に働きます。多分。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
マイ泥酔ライフ
外出も許されず、またしても原稿に四苦八苦な室内軟禁生活ともなれば、せめてもの息抜きと申しますとストレス解消のつもりで、良からぬ病が私を襲います。
それは悪癖ネット通販。

仕事そっちのけで迷いに迷い、今回の粗相での入手品は、コレ!
またしても私ときた日には、革製品をば2つ。

革ジャケ.jpg

う~ん、しかしこのジャケット、LLサイズでも些かキツいし、色具合も思ったより地味だぞ~…。
ってなシクジリも、通販の醍醐味?まったく着られないって程じゃないし、ちょっと暖かくなってきたら薄着の上に羽織るかと割り切った次第。

それからもうひと品、二つ折りの財布ですが、これだって結構なお値段。

CORBO財布.jpg

編集者G氏が、愛人にプレゼントをせがまれた有名ブランド品のご婦人用高級財布に比べれば、そりゃお話にならない程の安物とは言えども、清貧人生を歩む私には充分高価な一品。財布を買ったら財布の中身がなくなった、って始末です。


さて、ようやくひと仕事上げて自由の身になったのが、朝でもなく昼でもなく、繁華街にネオンが灯り始める宵の口とあれば、私の取るべき行動は一つ。
昨夜はいそいそとお出掛け服に着替え、今や錆と汚れで風格のついた愛車のペダルを漕ぎ漕ぎ、魅惑の練馬繁華街へと向かい、スナックに突入。

初対面の、程よい熟し加減のホステスを相手に、蕎麦がどうした、うどんが何だの…、どうでもよい面白くもない紳士的な話でご機嫌を伺った次第です。

ちょうどその日、奇遇にも私同様に原稿を仕上げて、池袋の隣の駅のホテルで柔肌の出前を取り、下半身の運動に精を出して腰を軽くして来たとの、練馬のエロ大明神T先生も加わり、狭いスナックは賑わいました。


何しろ私は正月休みボケから原稿制作に精一杯の日々で、久々のアルコールでしたから、不覚にも結構な酩酊。
それから、T先生と二軒目のスナックへと足を運んだ頃には、既にほとんど記憶が定かではありません。

つい先刻、ドロドロの欲望を小気味よく排出に至らしめたT先生ですから、この夜は若いホステスの豊満な胸部谷間や臀部周辺に、気忙しく人喰い鮫の様な凶暴な視線を走らせ毒蛇の様な舌をチロチロ出し入れしたりは致しません。
男の余裕を感じる振る舞いで、ディープなる大人の男女の性愛について流暢に語っていらっしゃいました。

私も先生の様に、ご婦人相手にこなれたエロ話ができれば…と予てより憧れてはおりますが、ちょっと酔うと二言目には「ボッキしちゃったボッキ!ウゲヘヘヘッ」だの「背中舐めてもいい?」だの低俗極まりない発言に及ぶ、私如きの軟弱なエロ者には、なかなか真似のできる芸当ではありません。

金玉袋の軽くなったT先生の高等な話術で、色香のハミ出たかのフェロモン濃厚ママとC姐さんをお誘いして、ラーメン屋へと。

“スナック終業後のママやホステスをラーメン屋に誘う”…これは簡単な様で、決してただのエロ親爺にはとても実践できない、熟練者にのみ許された上級忍術でありましょう。

大塚でのデリヘルや怪しいエステ通いも、T先生には重要な修行の一つであり、男の必須科目なのだと勉強をさせて頂き、私は密かに己が心にメモをさせて頂いた次第です。

『T先生の真似をしたら、身を滅ぼす』…と…。


ベロベロ状態マックスの私は、ラーメンの味も、デジカメを活用した記憶も全然ございませんが、C姐さんとT先生のツーショットです。

ラーメン屋にて.jpg

プライバシー保護のため画像処理を施しまして、C姐さんの男を狂わさんとするかの妖艶な美貌をお伝えできないのが残念!
T先生のお姿は、倫理上の問題で決して公にはできませんので、ご尊顔全ボカシ処理です。


例によってアルコール漬けでヘロヘロでの、ほとんど朝帰り。

布団に倒れ、熟睡するは良いですが…ヤッチまいました。

昼前でしたか、尿意に目覚め、起き上がりトイレに向かうや、酒が抜けず頭がフラつきヨロッと体勢を崩し、ガラスの扉に激突!ガシャ~~ン!!
と、木の枠まで折れ曲がる程の衝撃。

幸い怪我はなかったものの、粉々に飛び散ったガラスの掃除も大変な上、修繕代には、これは恐らくT先生の「大塚修行代」くらいの額は覚悟です。


怒濤のピストン運動を駆使して日々男を磨く先生に相反して、ネット通販でつまらぬ散財をしたり泥酔して自宅の備品を破損してしまうオマヌケな私…。

今年も1月から、碌なもんじゃございません。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
毎度ながら独り元日
2011卯年.jpg


全国推定約10名前後もの当HP愛読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年当初の統計よりも実に倍近くもの読者が増えたとの噂、有り難き光栄であります。本当は別に見てくれなくてもいいんですがね、こんなつまらない恥ずかしい生活報告。
皆様のご多幸をお祈り申し上げると共に、今年こそ私を幸せに導いて頂きたいと切に願うばかりです。

私にとっては散々に始まりバカンスもロマンスも一攫千金の機会も訪れやせず、益々散々のまま幕を閉じた忌まわしい旧年ではありましたが、今年も何とか米の飯を美味しく頂けるようにと、切なる願いを胸に2011年を迎えた次第であります。


年末押し迫った夕刻には、同年輩のギタリストF氏と二人で練馬の音楽スタジオに入って、ちょっくらお道楽の稽古をば。
生ドラムにドカドカバッシャン叩かれりゃ、こちらも負けじとヴォリューム上げての大音量合戦になってしまい、ストレス発散には格別の趣向ですが、シーケンサーに打ち込んだコード進行の骨組みを相手に、“サオもの”二人だけでのまったりR&B演奏会もまた結構。
彼と居酒屋で軽く一杯呑って、年内の酒席もそれで御積り。



ついこの前に、やれ猛暑だ残暑だ言ってたのが、あれよあれよと底冷えして来たと思ったら、もうお正月ですもんねぇ。
この調子で行くと、多分もうすぐお花見の季節になり、そうかと思うと間違いなくすぐに夏が来てしまうでしょう。
孤独死もせずに、健康で生き延びていられれば幸いなのですが…。


スナックのフェロモン濃密ねーちゃんには翻弄されるばかりで何がどうなる訳もなく、私の年明けと言えば誠に遺憾ながら例年通り、誰と睦まじく年越しを過ごしながら姫始めに縺れ込むでなく、一人ひっそり自室にて大晦日の小掃除から疲れて眠ったまま新年を迎え、元日はこれから、スーパーで買ってきたおせちセットをささやかに摘んで、熱燗でも啜ろうかといったところであります。


若い頃には、巷がお正月だろうが何だろうが何処吹く風で、元日から捻くれて、いつも通りにレトルトのカレーやら納豆定食やら即席ラーメンを食したりしつつ、世捨て人のつもりで構わず商売優先を気取っていたのですが、やはり人生の後半にも突入すると、お正月くらいは日本人らしい行事を…と、せめて気分だけでも真似てみたくなりました。

とは言えど、何もウン万円もの重箱詰めのおせち料理を何処ぞで予約購入して、餅を焼いてお雑煮まで拵えて…なんて程の食い道楽でも風流人でもありませんので、近所のピーコックで買ってきた¥1,980のおせちセットと紙パック入りの日本酒で、私には充分な贅沢でありますが。

おせちセット.jpg

すぐ食べちゃうけどね、こんなの。


明日二日には銭湯の朝湯に入って、それから老いた親のいる千葉県の奥地へと向かう予定です。
一年前の当日記の内容と、何らまったく変わりございません。

と、のんびり過ごし養生した分、仕事が溜まり、休みボケとの闘いに苦しむのも恒例行事。
酒浸りと睡眠過多の日々の報いで、デッサン力も衰えてしまい、原稿の〆切に脅えて泣きそうになってみれば、慌しくも何か心躍る年の瀬から正月三が日位までの優雅な日々が、しみじみ懐かしく恋しく感じるのも、毎年恒例であります。


…って来年の元日も、同じような文面での日記更新でしょうか。
でもまだそれなら幸せで、人生踏み外しちまってたり、パンツ下ろしてちんちん握ったままの姿勢で腐乱死体になってなけりゃいいのですが…。「あそこの部屋から異臭が…」なんて通報されての末路じゃ、哀し過ぎるもんね。
私も結構な長生きを致しておりますし、そろそろ人並みの幸福が訪れてもよさそうなものかと存じますが、如何なものでしょうか。


こんな役立たずの私ではありますが、本年も何卒ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33