CALENDAR
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
今度こそ さらば!
五合目初ステージ.jpg


新宿で呑んだら見事に万札入りの財布を落っことして帰るわで、もう散々続きだし、碌なこともないのでブログはもう終わりにしたんすけどね。
ネット通販で迷った末に選んで購入した帽子が、手元に届いたその日からセール特価で半額以下!ってさ。散々でしょ?やってらんないよッ!

ま、せっかくだから最後の最後に、先日のライブにて友人が撮ってくれた画像をご紹介します。

穏やかな好天に恵まれたその土曜日は午後から総勢6組の老若男女バンドのお披露目会。
私はブルース組と軽音楽ジャズ風ポップロック部の2バンドで、こっそりステージの隅に隠れて極力目立たないように、相変わらず鈍臭いベースを慎ましく弾きました。


BMWin新宿.jpg


リズム隊.jpg
人前演奏で顔面蒼白及び意識朦朧且つ気絶寸前の私
(来てくれた友人ギタリストF氏撮影)


普段はセーターに運動靴姿で練習に来る千葉の歌姫ミチル姐さんも、この日は何を血迷ったか気張ってセクスィー路線を狙った魅惑の衣装。
「そりゃ他のバンドの女性ボーカリストはパッツンボヨヨ~ンの凄い格好で出るよ~!」だなんてプレッシャーをかけた甲斐が…あったのかね。あったのかなぁ?まぁいいや。

マンデー歌う.jpg


そんな訳で、どうでもいいライブ出演報告を締めにして…と。

じゃ、ほんとにこれが最後だかんね。
地球の皆さん、お世話になりました。
お父さんお母さんを大切にね。寝る前には必ず歯磨きだよ!
ではご機嫌よう。


コノウラミ…ハラサデ…オクベキカ……

エコエコアザラク…エコエコザメラク…
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
来月に向って走れ!
皆さん、あけましてもおめでたくございません。
年が明けて、益々面白くもない世の中です。

どうせ誰にも相手にされやしない無益な当ブログですので、昨年分を以てひっそりと大団円にしようかと思っておりましたが、まだ懲りずに細々とながら生きていることですし、もう一回くらいは突いてみようと思った次第です。


そんな訳で、先日の年明け寒中稽古にてやっと集合写真撮影に成功した我がバンド仲間をここにご紹介致します。

五合目集合.jpg

ご覧の通り、清廉潔白に社会生活を順調に歩む真っ当な方々の集まりで、どう見ても明らかに不真面目なのは私だけです。


この日の練習時には実は見事に風邪っぴきで、ヴィールスは撒き散らすわ熱に魘され演奏は見失うわで、私以外の連中にとっては散々でありました。

よせばいいのに…昨年徐々に集まったこのメンバーで、来月末には遂にライブデビューだそうです。
だそうですも何も、友人バンド主催のライブイベントに冗談半分で私が自身のバンドで立候補してみたら、そうなってしまったのでした。

そうしたら、フライヤーを作るので出演バンドそれぞれの集合写真が必要だと言うので、こうしてメンバーの皆さんにご了承を得て撮影に及んだのです。
必要だと言うのでも何も、せっかくなので私がデザインして、また稚拙なチラシを作ってみようかと思い立った経緯なのでした。

挙句には、横浜在住の主催者に頼まれて、当日に予約を決めたライブハウスの下見にまでも行かされる始末。
やはり世間様からは、人生陥落者たる私の “下っ端オーラ” が見透かされているのでありましょう。この歳にしてパシリ役です。
見ず知らずの新宿のライブハウスにしかたなく単身のこのこ出向いて、若い店長さん相手に、下げたくもない頭をヘコヘコ下げて、笑いたくもないのに愛想笑いを浮かべて、頼まれた通りに店内やステージの写真をデジカメで撮らせて頂いたのでした。

店内全貌.jpg


今年も浮かばれぬ人生に不平不満をぶつけて、死なない限り不貞腐れ続けて生きていそうです。


フジフラ.jpg


では皆さん、長年のご愛顧ありがとうございました。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
果てしなきオッペケペ
今年も、あれよあれよと無駄に生きてしまいました。

師走にもなれば当然の如く、酒宴を企むくらいしか楽しみもありません。
どこで誰と酒を呑んでどうなっただの、こんな話題ばかりで役立たずのブログを続けるのもそろそろどうにかしたい気持ちは山々なのですが、そうかと言って最早それしかない私の人生なのでご承知おきを願います。


本年めでたくネット配信発刊を実現させた「コミックリベンジャー」誌の記念忘年会が、池袋の安居酒屋にて催されました。

リベ忘年宴.jpg
左より、本誌の表紙イラストを手がける岩田和久先生,きむくん,M下女史,私

容子嬢と.jpg
一女の母親となり熟して色香増してきたと評判のM下女史と

「リベンジャー」誌の未来を語る…つもりが、一旦乾杯に及べばどいつもこいつもすぐに話題はあちらこちらに関係ない方面へと飛び交うのみ。致し方ございません。

本誌を仕切るデザイナーT氏ときむくんと私の腐れ縁三人組で二軒目の居酒屋に落ち着けば、純度の高い加齢臭を散布しつつ店のお姐ちゃんに愛嬌を振り撒くわエロ自慢が始まるわ…もうただの醜い悪質な酔っ払いオヤジ以外の何者でもありません。

二軒目きむ.jpg

この歳になっても、酔った果ての議題と言えば…まだ諦めもせず異性交遊の夢しか目指すものはないのでしょうか、我々は…。
何とも痛ましい限りです。



さて、今度は地元練馬連中とのクリスマス忘年会。
宴の計画が話に出るや間髪入れず率先して居酒屋の席を押さえにかかる“宴会アニキ”、マキ姐さんの招集令で集まったのは、生涯の伴侶と出逢い幸せ一杯の親分Kちゃん&フィアンセ,そして早苗ちゃん。それに今回こそ早苗ちゃんを射止めようと虎視眈々と狙う私の計五人。

宴開催.jpg

毎度のメンバーたるI原君は、遂に本命女性とのクリスマスイブデートを勝ち取ったそうで、本日欠席。
「どーせ同伴で高いメシ食われて、金毟られるだけで店から放り出されるんだよアイツは!」
…と勝手に相手の女性を端からキャバ嬢と決めつけて、我々としては温かい目で見守る次第です。
マキ嬢は、しっかり熱愛中の彼氏さんとお泊まり旅行から帰ったばかりだそうで、幸薄く腰痛に悩まされる私としては軽やかな腰つきの彼等をひたすら羨むしかありません。

鱈ちり.jpg
鱈ちり鍋を前に彼氏とのイチャイチャ連絡に笑みを漏らすマキ姐さん


ひとしきり呑んで騒いだら、男女五人で次はカラオケボックスへと。

カラオケ.jpg

そう言えば、三人のお姐さん方、今はお昼のお仕事に勤しんでいらっしゃいますが、皆さん元はお水の業界での腕っこき。
そりゃ歌いだしたら留まるところを知りません。

デュエット.jpg
早苗ちゃんとデュエットに興じる私
歌は…、渋く「昭和枯れすすき」!


呑んで食べて歌って、気分好くお開き…と、ここらで清く締めたかったのですが、元ウォーターレディースはそう甘くはありません。
練馬では水商売のお姐さん方にはアフターお馴染みの老舗店へと雪崩れ込む始末。

まだも歌い続けるかッ、このオッペケペ姐ちゃんたちは!?それにしても、まったくよくここまで何曲も歌を知ってるものです。
男二人組はもう充分心ゆくまで発散して、彼女らのパワーに圧倒されグロッキー気味。

気づけばクリスマスの、もう早朝。
マキ嬢はお店でタクシー待ちで、Kちゃんカップルは睦まじく去り、残されたのはベロンベロンのぶっ壊れた早苗ちゃんと私。


さぁ、漸く…遂に遂にっ…!
何年も待たされた果ての、男を決めるチャ~ンス到来!!

さあ、どうなる二人!?


続報は次回ブログ更新に乞うご期待!




…なんつって、もったいぶってもしょうがないか。

酔い潰れて足元フラフラの早苗ちゃんの肩を抱いて、やっとつかまったタクシーに一緒に乗り込み、ご自宅前まで紳士的に送ってやりましたとも。
で、私としてはむしろ男を上げて感謝されて、何かしらの進展が望めるかと思いきや…、ケロッと忘れてんだもんね、早苗ちゃんと来た日には。
いつもこの調子だよ。十年間もよッ!!


こうしてまた、ひっそりと独りで年を越すと致します。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
やさぐれたちの宴
湯上がり練馬.jpg


社会不適合者として長年不埒な人生を歩んでおりますと、ふと眠りから覚めた時に、夕刻かと思ったら朝だった…とか、朝かと思ったら夜だった…なんて寝惚けることは多々あります。
そんなのはまだマシで、我ながら信じたくないような年月の生息を続けていると、ふと目覚めた時に、季節まで間違えることもしばしばです。
「ふぅ…だいぶ暖かくなってきたね。そろそろ春か……」と起き抜けに何となく感じたものの、しばらくして
「ありっ?…あ、そっか、違った、もう冬だっけ?」なんて間抜けな勘違いを起こすことも珍しくありません。

こんな調子で、私の気分としてはまだ春の頃なのですが、何と世間ではもう本年も一ヶ月とちょっととの、本意ならざる事態です。
年も押し迫ってきては寒くもなる訳です。

こうして私も世の役立たずとして無駄に生き永らえているようで、確かにそれは否定できない真実なのですが、結構ここのところは怠け者の私にしては多忙の日々でした。
PCソフト作業指南役のデザイナーT氏にヘルプに来てもらったら、当然一夜目は繁華街でドンチャン騒ぎになったり。


出版でもネット媒体でも色塗り仕事は、かつてのように原稿用紙に絵筆で着色してそれを編集者に渡して…なんて悠長なことは、むしろ三流者の画業では今や商売として許されないでしょう。
デジタル作業でカラーデータを作成して、アップロード入稿できてこそ、何とか有り難く仕事が頂戴できる身分かと己の立ち位置を感じております。
しかし色塗りは元々不得手で評判が悪く、今更絵の具の使い方も忘れてしまった私ですが、かと言って、デジタル着色及びデザイン作業も、その上っ面を齧っているだけ。いまだに扱うのが侭ならないソフトで少しでも迷宮入りに至ってしまった日には、もうお手上げであります。

T氏に居座って頂き作業をお願いして、挙句には何故だか夕方には漫画家きむくんも拙宅にやって来てしまい、期せずして腐れ縁三人組が集結に至ってしまったのです。

きむたないと.jpg
左より、まだ結婚を諦めない様子の木村氏,私,T氏

「諦めろっ!!」


パソコン作業も漸く区切りがついて、それから三人で鷺ノ宮に向かい夜の灯火に吸い込まれ、やきとん屋で胡散臭さを撒き散らしての一席。

三人宴.jpg


四文屋前で.jpg
酔えば中学生丸出しの青臭い会話を弾ませる怪しい高齢者二人


そんな暢気なひと時もあれば、〆切に怯えての原稿作業に四苦八苦。
カラー原稿仕事が重なっている折に、今度はソフトの不良からパソコン動作が不能事態になり、大変に心苦しくも頼りになるのはやはりこの人だけ。翌々週に再びT氏を迎えての修復依頼。
で、夜はまた一献。
酒を浴びた翌日。愛機の症状はかなりの重症だそうで、どうやら大手術のようです。今度は時間的に外呑みの余裕もなく、夜中にスーパーまで買物に行き食材をドッサリ買い込んで、自室にて哀愁のオヤジ二人焼肉宴。

拙宅焼肉.jpg


T氏の手腕と彼の奥方のアドバイスの甲斐あり、我がPCは立派に生まれ変わって復旧に至った次第です。
初期化の果てに、メール全てとネットのお気に入りが消滅してしまいましたが、そこはご愛嬌…としておきましょう。
そしてまたそろそろ〆切に焦らねばならない…況してや良からぬことに風邪気味のピンチ!…だってのに、例の悪癖道楽の予定が重なる始末でした。
そう、例の…バンドごっこ道楽です。

土曜日の午後1時っから、こう言っちゃ甚だ失敬ですが、いい歳の社会人の男女が密室に寄り集まって合奏稽古に励んでるのですから、お好きな方々です。
私はと申しますと、スタジオの予約都合でこの時間に予定したものの、秋葉原まで足を運んで案の定遅刻での参加。
ギタリスト二人にドラム,ピアノ女性に歌姫。私がベースのユニット。
年明け2月にライブデビュー予定!?…だそうです。
私は拙いベース担当とスタジオ予約係が精一杯なので、ライブ演奏披露となると途端にヘコタレ気味になっているのですが、そんな私の臆病振りにはお構いなしで皆さん盛り上がってしまい、練習後には意気込んで御徒町駅傍の居酒屋で親睦の一席。
それもスタジオ滞在時間よりも長く呑み屋に居座ってるのですから、何ともハッピーな脂ぎった連中です。

ホロ酔い心地で帰宅すれば、〆切に焦りつつもそりゃ仕事はストップで寝床に倒れるのみ。
しっかり眠って翌日は真面目に朝からパソコンに向かい原稿作業に没頭するも、その日の午後も前々からの約束があり、またしても重いベース担いで、今度は近所の音楽スタジオへと。
数年ぶりに再会を果たしたギタリスト氏と、カホン奏者を交えてのセッション。


こんな調子ながらも、翌日の夜には何とかかんとか、鼻クソ程のプロ根性を見せて〆切厳守で原稿完成。
机に向かってのデッサンやペン入れ作業ならば何ともないのに、何故かパソコン仕事は、壊れそうに強烈な肩凝りに見舞われてしまいます。
それに楽器背負ってのスタジオ通いで腰痛にも苦しみ、首の凝りも酷く、ボロボロ気分。


演芸場.jpg

やっと仕事の波を乗り越えられた次の日は、懇意にして頂いている入船亭扇治師匠の落語会に、池袋演芸場へと足を運びました。

二人会.jpg

恒例の「文治扇治二人会」。
画業の職務を果たしホッと一息で、まったりと落語を堪能します。
前座さんお馴染みの「道灌」に次いで扇治さん登場で、「たらちね」。
そして十一代目文治「お見立て」。廓噺で客席を陽気に笑い転げさせられる演者も、色事の表現に殊更厳しくなっている昨今の世の状勢では、少なくなっているように感じます。そこは十一代目の派手な芸風で見事に吹き飛ばし、場内を笑いの渦にするのですから流石です。
仲入りから再び文治で「強情灸」。奇しくも、ネット配信マガジンにて先日私が描き下ろして漫画にしてみたのがこの噺でしたので、興味深く鑑賞しました。

はい、ここで浅ましくも宣伝をば失敬!

リベンジャー3号.jpg
コミックリベンジャー3号


このネットマガジンにもご協力くださっている扇治師匠のトリで、「三井の大黒」。落語では数ある彫刻名匠の左甚五郎ものですね。名人噺でも、彫刻のネズミが動いただの絵のスズメが飛んだだのの現実離れした展開になると私の好みでは些か興醒めしてしまうのですが、この噺はそんな荒唐無稽な彫刻が出てくるわけではありません。長尺の一席で、じっくり愉しませて頂いた次第です。

高座のあとは、扇治師匠取り巻きの一団での打ち上げ宴。
私も当然の顔で太々しく参加を…と、いつもなら無遠慮に毎度の中華料理屋に顔を出し、盃を重ねるや厚顔無恥に下世話な話題を撒き散らすのですが、その夜は流石に疲れが溜まって、扇治師匠の奥様からのお誘いも珍しく遠慮し早々に帰路につきました。
“落語会に酒目当てでやって来ては不粋に暴れ散らす場違いな酔っ払い” の汚名を、今回少しは返上できたかもしれません。
これで、“忙しくてもちゃんと真摯に落語を聴きに来た愛好家” なのだと、師匠の奥様はじめ扇治ファンの皆様にそう認識して頂けたならば、しめたものです。
本当は、連日遊び過ぎて、腰痛で早く帰って寝たかっただけです。


バンド活動もまだ年内数回控えております。
地元連中との忘年会もそろそろ相談しなければなりません。
今のうち存分に怠けて、寝溜めしとくとします。


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
枯れすぎた枯葉
味気ない今年の夏もとうに去り、めっきり肌寒くなってきました。
これと言って自慢をぶっこきたくなる目新しい活動情報もございませんが、幸薄いながらも秋の生存確認をして頂ければ幸いです。


和民にて.jpg

以前のように夜の蝶や蛾やらを侍らせ繁華街を暴れ回ることもすっかりなくなり色香も失せてしまったものの、たまには夕食がてらお誘いを受けて居酒屋で一杯。
相変わらず精力旺盛で羽振りのよろしい編集者G氏のお相伴に与り、豪勢な晩酌でありました。


デザイナーT氏の本領発揮で、作家陣の人脈も続々と広がり「コミックリベンジャー」第2号も発売中です。
創刊号は世間様に媚びて無料ダウンロード版でしたが、そう甘いこともできません。我々にも生活があるのですから、少しはお米代でも稼げる方向を目指さねばならないのです。
300円で、燻し銀の先生方の入魂作をお愉しみ頂ければと存じております。


慎ましくも何とか画業に追われ、ギリギリながら生息してます。
拙い道楽活動も懲りずに続け、腰痛と奮闘しながら重い楽器一式を抱えていそいそ出掛けては、近所のギターおじさまと練馬のスタジオにてデュオでセッション。

フルアコ.jpg

誰にお聴き頂く演奏でもありませんので、ほんの初歩の初歩レベルから「枯葉」に「オール・オブ・ミー」やらを。
多人数でガチャガチャ和気藹々といてこますバンド練習も結構ですが、こんなギター&ベースのみの枯れた演奏練習会もオツなものです。

で、翌日の昨日はそのガチャガチャ和気藹々組のバンド稽古に、秋葉原のスタジオまで出掛けたのです。
ドラム,ギター,ベースの熟年男子衆に、ギタリストY氏のご紹介で臨時見学から強引に鍵盤レンタルで演奏にご参加頂いたご婦人が色を添え、ボーカルスクールにも通い始めたとの主役の歌姫S子さんが軽やかな歌声を披露。人生をしくじった身の私には、ふと涙ぐむ程に華やかな音楽同好会でありました。


…こうして二日連日の楽器道楽に興じてしまい、些か反省しております。
帰宅ししっかり睡眠は摂りましたが、起き抜け案の定なかなかの腰痛に襲われてしまいました。

目前には、ご依頼頂いた風俗情報本の表紙イラスト着色と風俗漫画ネームの職務。風俗店のネット配信用提灯漫画も、少しでも晩酌の肴一品を豊かにするためにもまた引き受けてしまいました。風俗店なんて最早縁遠い身分のこの私が、その道がお好きな御仁衆に性的快楽専門店の魅惑を拙画で訴えても、お許し頂けるのでしょうか。
件のネットマガジン「コミックリベンジャー」描き下ろし小作のペン入れにも取り組まねばなりません。
年の瀬に旅行のひとつも予定はなく、ひっそりと画業に勤しみ独房で過ごすだけでしょう。

しつこく生きてましたら、またブログ更新致します。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33