CALENDAR
<< December 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
背徳の泥酔連夜
地道に独り室内に籠もり、原稿に心血を注いで慎ましく堅実な生活を続けておりましたが、職務を遂行して気楽な体になれば、またしても…せっかくコツコツ働いて得た日本国の通貨は、あっと言う間に繁華街に吸い込まれてしまいます。


パソコンの様子を見に、デザイナー T氏が拙宅まで久々にやって来てくれるとのことで、練馬駅で待ち合わせ。
嵐のアルコール漬けが、まさかそれから二晩も続くとは、その時には幾ら何でも考えも及びませんでした…。


友愛.jpg

T氏と串焼き屋で一杯。肉三昧にご満悦の肉食獣 T氏。

ホロ酔い心地で居酒屋にも顔を出し、そして目当てのスナック Hへと。
清廉潔白な我々二人では、極めて上品にママとホステス嬢を相手に深夜の閉店時刻まで語らい、更に中華料理店にてホステス ちあき姐さんとM子嬢を従えて清く談笑。

香港亭.jpg

いい気になって紹興酒をガバスカ呑んだのが、効いたか…!

ご婦人衆を見送り、早朝T氏とタクシーで拙宅へ。

呑みました。滅茶苦茶夜通し呑みました。
久しぶりの酒席に、酔いの回った私は完全にダウン。

充分に睡眠を摂り目が覚めてからは、本来の目的、パソコン講座。
恥ずかしながら、私のPC作業は、デザイナーT氏なくしては手も足も出せません。


それも無事に果たし、それでは今宵も軽く迎え酒!
私としては、夕食がてら喉を湿らす程度にアルコールを入れ、T氏を見送りたかったのですが…。

ここ練馬には、私の如き吹けば飛ぶ様な万年平エロ作家にとって、とてもとても恐ろしい落とし穴があります。
…そう、それはエロ漫画界の重戦車、生殖器獣 御大T先生であります。

昨夜も顔を出した毎度の居酒屋に、加わってしまいました、T先生が…。

私の恐れていたのは、このT先生とデザイナーT氏は、『混ぜるな危険』の劇薬二人組だと言うことです。
とても私の様な未熟者には介入できない様なディープな極下方面の講義が開催され、私は周りの席の一般客人を気遣うばかりです。

「ワシがホテルに行ってその女とやっとったらな、ウ○コの匂いがすんねん!
ピストンの度に、プッ…プッ…プッ…となっ、ウ○コが…グハッ、グハッ、グワハハハハ~!
オイ兄ちゃん、生レモンサワー、大ジョッキな!ウ○コが出よるねん!!グワハハハッ!」

先生、その池袋ホテルウ○コ事件のお話はもう充分過ぎるほどに拝聴致しました。
それに、社会人として大事なことをお忘れかもしれませんが、ここは飲食店です…。

人目を憚らず、店内によく通る低音で、先生は例の体験談の詳細を嬉しそうに語ります。
先生の描写する繊細な漫画に対しては私は尊敬の念を惜しまないだけに、非常に残念なお姿です。

今夜は一杯やってすんなり解散…なんて予定は、互いにジョッキ3杯目で脆くも忘れ去られます。
仕事の予定や財布の中身の現状など二の次になってしまうのですから、哀しいかな酒呑みの習性でありましょう。

T先生とこっそり、ご家族の元に帰るT氏を見送ったら例のスナックにちょっと…なんて企てた悪い相談は、すぐにT氏に嗅ぎ取られてしまいました。

「オメぇーら、オレを仲間外れにしやがって…!汚ぇ汚ぇ!許せねぇッ!
畜生ッ、今夜も終電知ったことか!!」

命懸けの酒呑みです、どいつもこいつも…。

結局、三馬鹿オヤジ衆、気分も上々でスナック Hに雪崩れ込みます。
T氏と私と来た日には、二夜連日同じスナックに顔を出す始末ですから、何ともおめでたい連中です。
しかも、今朝まで共にバカスカ飲み食いしていた ちあき姐さんとM子嬢もご出勤で同じ二人をまた相手にしてるのですから、ママにしてみりゃ結構な上客でしょうか。

絶好調のT先生は、ご婦人相手に満面の笑みで、ここぞとばかりにドロドロの下ネタ独演会を披露します。
馴染みのホステス嬢たちは手馴れたもので、幼児をあやすかの様にT先生の相手をします。
そして先生のおぞましい体験談に被せるかの、更にコアな話題を提供するT氏。
紛れもなく、二人とも悪人の目つきです。

…だからコイツらとは呑みたくなかったのです、私は。
酩酊する私の脳裏には、彼等の会話の断片がガンガンと木霊します。


「うんこちんちん、うんこちんちん、ギャハハハハ…うんこちんちんうんこちんちんうんこちんちん、騎乗位正常位駅弁後座位パイパイ、パイパイ!おしっこシーシー!おならぷーぷー!グヒャヒャヒャ…グワハハハハ~ッ!」


経験豊富なT先生は、下世話なエロ話だけでなく、年長らしき深慮な教訓も与えてくれます。
時には思慮深く、デザイナーT氏を窘めます。

「世の中にはな、色んな人がおるねん。自分の規律があるからゆうて、相手にもそれを押しつけちゃアカン。せやろ?キッチリした性格の人もおれば、だらしない人もおる。甘いもんが好きな人もおれば、辛いもんが好きな人もおるねん…。
ええか?世の中には色んな人がおんのや…色んな人が…」


“…そう、セッ○ス中にうんこ漏らす人もな…”
T先生に一瞥をくれるや私は苦々しく焼酎を啜るのみです。

ひと時の快楽を求めた生殖行為の最中に、布団内で相手に糞便を漏らされたとの貴重なご経験をお持ちのT先生ならではのお言葉には、さすがに人生を熟知したかの重みがあります。


連続して ちあき姐さんとM子嬢を引き連れ、ちょいとばかし高級な雰囲気の料理屋へ。
先生とT氏の饒舌は留まるところを知りません。

アフター.jpg
左より、東北爆乳娘 M子嬢,デザイナーT氏,一人おいて、練馬の姐御 ちあき姐さん

M子嬢の豊満な乳房を遠慮なく血走った眼で凝視し、子供がオモチャを目前に与えられたかの如くハシャギ立てるのですから、こんな素直で無邪気な生き方のできるT先生が、些か羨ましくもなります。

「ワシ帰って仕事せなならんねんけど、その前にオ○ニーすんねんオ○ニー!
グワハハハハッ、グワハハハハ~ッ!!
あ~ションベンしたいねん!ションベンションベン!
グワハハハハハハハ!
“ジョオォォ~”(放尿)、“ブウゥーッ”(放屁)」

路上放尿.jpg



身も心もヘトヘトになりつつ今朝帰路につき、寝床に潜り私は朦朧としながらも真っ当な結論を心に抱きました。

“やはり、半年に一度が限度だな、アイツらと呑むのは…”


結構な額の入っていた筈の財布はこの二日で見事にスカスカ!その代わりに、おぼろげに記憶のある飲食店のレシートの束。
その詳細を敢えて確認するほど強靭な心臓は私にはなく、丸めてゴミ箱に捨てたところです。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<ちょいと活動写真 | 哀愁の糠味噌ララバイ >>