CALENDAR
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
イタリアへの旅路
私のことを、ただの“変な金遣いばかりしている幸薄い人生の落伍者”…だと認識していらっしゃる皆さん、その見解は確かに粗方その通りだと認めざるを得ませんが、こう見えても私は社会の片隅でひっそりと清く貧しく細々と生き抜くアーティストの端くれでもあるのです。

偶さかお鉢を回して頂いた漫画の仕事で、それもこの度偶々「イタリア料理を描写せよ」とのお達し。そこで担当編集者G氏の計らいで、私の如き下層の民には未経験の、本格イタリア料理店での飲食体験をさせて頂いた次第です。

私の拙い描写から「あ~コイツ、イタリア料理も知らねーで描いてやんの!」と読者に見透かされてしまっては、掲載頂く出版社に恥を掻かせてしまうことにもなりましょうから…。

年齢相応に経験豊かなG氏は無論イタリア料理屋の二度や三度、いやそれ以上のご経験は積んでいらっしゃることでしょう。心強い御仁にお供頂いて、いざイタリアンレストランへ、前後左右上下どこからどう見ても東洋のオッサン二人で潜入!

イタリア屋.jpg


何だかよくわからないままに、G氏の先導を頼りに洒落た料理を食べ進めます。

手長海老パスタ.jpg

手長海老のトマトクリームパスタとやら。
なるほど…。私なりの解説をさせて頂くと、海老とトマトのクリームのソースの味のするスパゲッティーです。


牛頬肉赤ワイン煮.jpg

お待ちかね、牛ホホ肉の赤ワイン煮とな!
こりゃ正にホッペが落ちるご馳走でありました。


運ばれた料理をデジカメで撮影したりしつつブツブツ怪しい会話を続ける場違いな中年男二人組の他には、いつの間にやら意味ありげなカップルや高学歴っぽい若いご婦人衆で店内は賑わってます。

充分に高級料理を堪能して、それじゃ息抜きにもう一軒…と、G氏といつもながらの居酒屋へ。
そこは手打ちうどんが売りの呑み屋。
本格イタリアンパスタだかも絶品ではありましたが、我々には笊うどんをズルズルッと行った方が断然お似合いではありました。


お蔭さまで貴重なイタリア料理体験のひと時でした。
何を隠しましょう、今を去ること数十年前、私の初の漫画アシスタント修行先が、当時料理漫画の連載を始めた先生の下でした。その時の熱血不良アシスタントの経験が、今こそ活かせるでありましょうか!?
多分全然活かせません。当然使える絵など描けずベタ塗ってただけだし、鼻クソをほじりつつ向かいのマンションの女子寮を日々観察したり、編集者が居座り原稿を急かす殺気立った〆切当日には本棚の脇に潜って高鼾で心ゆくまで爆睡に及び、先生や同僚から本気で呆れられて反感を買ってた記憶しかありませんから。

しかしそんな不埒な人生を反省し、今回の取材の経験を踏まえて、只今心血を注いで漫画を執筆しております。どうぞご期待ください。


さて、前回の戯れ言でお伝えした、ヤフオク入手品は落札価格約500円、送料がその3倍で遥々広島県から届きまして、商品に問題はありませんでしたが、…ヤッチまいました。
気になっていたオプション品でしたが、そもそも不適合の代物でした。
悔しいので、約束通り詳細はおしえません。

また楽天市場で思い切って奮発して購入した高級本革サンダルは、「マヌケの小足」たる私の足にも少々キツくて、これまたしくじりの買物をやらかしちまいました。
それもこれも全ては、忌々しいコロナ騒ぎ自閉生活強要の連鎖被害と申せましょう。
| permalink | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
| 四谷三者会談復活 >>