CALENDAR
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
真夏の昼のブルース
あすみと私.jpg

あすみちゃ~ん、そろそろ結婚してくでぇ~!!
せめて、脚で◯んで◯ってくでよォ~!!


大丈夫。些か夏バテ気味ですが、気は確かです。多分。

残念ながらあすみちゃんを自宅やホテルに連れ込んだ記念写真ではなく、練馬の伝説的スナック「W」の元ホステスまゆ嬢が現在ママとして池袋の少し先で経営するスナックにて、練馬の親分Kちゃんと共に先日顔を出した時のショットであります。

あすみ嬢は現在は日中のお勤めなのですが、たまにかつての同僚が経営や勤務するあちこちのお店に出没するとの噂で、その日はまゆ嬢のお店の “浴衣デー” に臨時勤務するとの情報をキャッチし、Kちゃんと池袋の安居酒屋で一杯引っ掛けて景気をつけるや、すっ飛んで伺ったのでありました。
まったく、現れてもすぐ逃げてしまう、幻ポケモンような小悪魔女です。
ただ単に、私が相手にされていないだけだろうと言う痛ましい事実は、どうかこの際突っ込まないで頂きたい。


さて。
煩悩に惑わされながらも真面目に原稿を進めつつ昨日は、遂に来週に控えた演奏発表会、「ブルース部」仕上げの稽古に、高田馬場の音楽スタジオへと。
一週間後にK町駅前のデパート入口特設会場にて、御大S氏をリーダーに、ブルース曲計7曲を披露…だそうです。

ギター&ヴォーカルのS氏,リードギター&ヴォーカルのK氏,ドラムのM氏,バンドの華、紅一点ギタリストO嬢に、僭越ながら私のベースの計5人組で、今夏のK町を蹴散らしてやる所存です。

正直に申しまして私は、泣き出して整形手術を施して海外に逃亡を図りたくなる程に、今から緊張しております。
ライブの模様が、もし当ブログで今後何の報告もされない様でしたら、とても笑いごとにならない程の不様な醜態だったことと推察頂ければ幸いです。

昨日の練習時に発覚したのですが、オヤジ組に清涼感を与えてくれるダントツに若いO嬢の愛器ギターは、何と現金40万円で購入したとの逸品!
間近で拝見したら随分凝った造りの高級感漂うギターだと思いきや、そりゃその筈。間違いなく高級品そのものです。

知る人ぞ知る高級ギターメーカー、「PRS」(ポール・リード・スミス)の、それも上位機種じゃないの!
定価50何万円の、お買い得価格40万円…って…、お嬢ちゃん…あどけない顔して何っちゅう金遣いじゃ!?
彼女のギターに懸ける熱意たるや、相当のものだと改めて認識致した次第です。

しかも驚くなかれ、更に予備用にと、もう1本同じ品を買ったとの話ですから、…大画面薄型テレビの購入に未だ躊躇して連日ネットで最安値の出物を狙っている小市民の私などとは、とても身分の違うご令嬢でありましょう。
趣味の品に、ポ~ンと約80万円だかの額を出費できるのですから、意外やご婦人は大した度胸です。

正にその彼女が叩いた高級ギター2本分の価格、約80万円だかのデジタルカメラ(のレンズ別売)、「ライカM9-P」なる小憎たらしい品の画像をネットで眺めては涎を垂らしているだけが現実のしがない中年男の私は、普通のOLとのO嬢より倍近く、この日本の現代社会で長生きをしている筈なのに…、やはりどこかで人生を踏み外してしまったのだろうと、自覚せざるを得ません。

スナックでホステス相手に調子に乗ってボトルを空けて、
「もう1本入れたれ入れたれオラぁ~!!」
なんて息巻いて騒いだ揚げ句に、とんだ大枚が財布から消えてしまい、翌日は後悔の念に苛まれショックで寝込んでしまう金銭感覚の私とは、あの娘は生まれ育ちが違うのでありましょう。

練習後のファミレスでの懇談会にて、生ビールの力を借りて、
「そんならワシは100万円のウッドベース買ったるわい!!」
なんて豪語に及んだものの、それはあくまでも酔っ払いの戯言です。
バンドの皆さん許して下さい。

そんなことより、少なくともO嬢から、
「他の皆さんは好きですけど…あのベースのオジサンだけは生理的にツライんです…」
だなんて、ブルース部マネージャーのM氏に上告されない様に、身の程を弁えることが私の重要な使命でありましょう。
何しろ皆さん、それぞれの楽器をこよなく愛し演奏に情熱を傾ける、純粋なる音楽好きな方々なのです。

いや、私とて恐らくそうには違いないのですが、世間話が既に下劣なエロ話になってしまう我々裏業界に生きる者は、表社会での活動時にはそこを一番気を付けねばならぬ点だと言うことを、忘れてはなりません。
あの純真無垢で穢れを知らぬO嬢が、万が一にでももし我々エロ本業界のエロ大明神T先生と遭遇してしまったら…、3分で白目を剥いて卒倒してしまうでしょう。
考えるだけでも恐ろしいことです。


と言った近況でありまして、ベースとしては軽量の筈の、もう十年近く前に確か約7万円もの大金を投じて購入したエレキベースを背負って遊んで来た翌日は案の定、腰痛で身動きが取れず、本日はほとんど寝込んで自室でおとなしく過ごしております。


そんな我々の渋過ぎるブルース発表会、皆さん是非見に来ないで下さい。

そして未だ行方不明のAV監督A太郎さんの目撃情報がございましたら、どんな些細なことでも結構ですので、お知らせ頂ければ光栄です。
長髪のカツラをかぶって黒メガネをかけていたら、それはみうらじゅん氏ではなくA太郎監督の変装かもしれません…。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<錦糸町の熱くない一日 | バードランドみたいな夜 >>