CALENDAR
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
本年もお世話になりました
早苗母娘.jpg


ご報告申し上げねばなりません。
この通り、早苗ちゃんのご両親を迎え仲介人の親分 Kちゃんにも見守られ、この度めでたく早苗ちゃんと私の婚約記念の祝宴を滞りなく麗らかに催した次第であります。




……なんてな。
嘘や嘘や。
また妄想癖が出てしまっただけやがな。失敬失敬。
人一倍妄想の趣向でもないと、エロ漫画家なんざ勤まるもんでもないのさ。堪忍しとくれやす。

しかし、早苗ちゃんのご両親は偽りなく本物。
久しぶりに、元スナックママのお宅にお邪魔して、忘年会を楽しんだ つい先日の夜も…今となっては夢のようなひと時でありました。
練馬繁華街のケーキ屋さんで、高いクリスマスケーキ買ってってさ。苦労したんだぜ、自転車でケーキ持ってくのは。


ママとママ.jpg
左より早苗ちゃんのご母堂,ママ,女性に甘く同性には素っ気ないI君,早苗ちゃん,Kちゃん

まぁこんな風に、遠慮のないKちゃんからは
「今日は敬老会かぁ?ボケコラ!」
と連発で罵られた光景がこちら。

養老会.jpg
左よりKちゃん,私,ママ宅のお隣のおじさん,拙宅マンション修理担当の電気屋のおじさん(及び早苗ちゃんのお父上)…更に隣には手しか写ってないけどママのご主人もいたしね。


深夜には早苗ちゃんと二人っきりで、追加のワインやら近くの店まで睦まじくお買い物にも行きましたっけ。
…しかし相変わらず私と来たら、早苗ちゃんにはホステス時代同様にフェロモン撒き散らされた挙句に洟も引っ掛けられず仕舞いではありました。
それでも連中と夜通し楽しく親交を温めた次第です。

早苗ちゃんのお母上には、腹這いになった私の背中に跨って頂き、常時凝っている私の背中と腰に指圧の腕前を揮って頂くとの至極の贅沢を賜りました。

“お母さま、返礼にお嬢さんの体の凝りは今後この私めが…!”
私の密かな熱い思いは、果たしてご母堂に届いたことでありましょうか。


さて、その日を最後に、我が年末年始宴会行事は一切終了。
あとはまた時間に焦り、無論ノンアルコール厳守で、世間様のお正月休み明け〆切の原稿執筆に精一杯の有様であります。


若い時分には、世の正月恒例行事もどこ吹く風で不貞腐れて過ごし、斜に構え前髪を掻き分けつつ世捨て人を気取っておりましたが、いい加減いい年齢にもなると、やはり正月くらいは日本人らしく年頭を祝い、お屠蘇にお雑煮,おせち料理に囲まれ三が日を満喫したいもの。

…と、改心して幾ら私自身がそう望んでも、儘ならないのが我が悲しい現実。因果な職種です。
大晦日だ新年カウントダウンだ…等全く関係なしに、独り室内に籠もり相も変わらず原稿用紙に不謹慎な痴態の描写をしております。

足掛二年稿.jpg

何が「元社長夫人のオ○○コ…オ×××臭ぇぜ」だかねぇ…。知らんがな。


そして足掛け二年跨ぎの原稿を仕上げたら、またすぐ次の原稿…。
いやこりゃ、ヤバイな。あーヤバぁ~。どうしよう。
ってのに、新年早々趣味活動も盛んでありまして、大塚のライブハウスでブルースバンドでの演奏披露、次いでその一週間後には、足立区某所のライブカフェなる店にて、女性ヴォーカリストを従えて、また別のユニットでのステージデビュー!?

不覚にも とんだハードスケジュールです。
この怠け者かつ小心者の私に、考えてみればとてもこなせる仕事量ではございません。

年賀状制作も、とっくに放棄致しました。
私に賀状をお送りくださった律儀な皆様、不義理で申し訳ございません。


こんな調子で、慌ただしく寂しく過ごす大晦日であります。
もうすぐ来たる2014年も、何卒宜しく変わらぬご愛顧の程をお願い申し上げます。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<傷だらけの年始 | 悪魔が来りて肉を喰う >>