2010-03-06 21:02:44
永久に不完全
もうデビューして二十六年・・・順風満帆な作家生活では
なかった。才能がさほど有る訳でもなく漫画界を低空飛行で
やっとやっと飛んでる感。それでもこの先、死ぬまで
この調子で飛び続けていられたら幸せです。
下手なりに子供の頃から絵を描く事が好きですから。

振り返って見ると漫画の到達点って幻なんだと気づかされます。
若かりし頃、当時の僕は完璧な絵が描けてる、仕事依頼も断るほど来てる
・・・思い上がってました。これが僕の到達点なんだと。今、当時の
作品を見ると赤面、失笑、底辺です。

漫画って永久に到達点が先に先に動く代物だと思う。気に入った
絵が描けてもそれは成長過程の絵なんだと。
それに(ああすれば良かった)が有るから仕事は面白い

近況=ここ二日ほど徹夜、只今虚脱中、マッタリしたい所を
月曜締め切りの6ページ物が背中を押します。

| この記事を編集する |
2010-01-24 05:51:52
四十数年ぶりの九州帰郷
僕が生まれたのは福岡の飯塚です。炭鉱で働いてた父が炭鉱閉山と供に家族で引っ越した
先が明石でした。

昨年亡くなったその父の納骨の為、四十数年ぶりに
九州の地を踏みました。小学校だけは辛うじて
覚えてたものの後は欠片も思い出せない。

当時あぜ道には馬糞が落ちてて、それを踏むと足が速くなる
なんて言い伝えがあり友達と競って踏みあったものです。

扇風機も無い夏、半ズボン、崖のへびイチゴ、平屋作りな炭鉱社宅、防空壕・・・
ノスタルジーも街を覆うアスファルトに封印された感。

先祖が祭ってあるお寺は静かなところに有りました。

住職の経典が始まってから終わるまで母は泣きっ放し
でした。今まで傍にあった遺骨と最後の別れ・・・
若い頃父と出会ってから今までの思い出が押し寄せたんだと思います。

こんなに泣く母を今まで見たことがなく二人して経典の響く本堂で嗚咽でした。

夫婦は共通に積み重ねた思い出が多い分、その思い出を一人で抱える寂しさに涙するのでしょう・・・。













| この記事を編集する |
2009-12-15 21:03:40
おやおやおやぁ~
仕事場近くに小さなスーパーあり。
レジが二列、それぞれのレジ頭上に店内映すモニター設置(四分割映像)。

会計待ちの列でボーッとそのモニター見てたら随分と後頭部禿げた
おじさん隣の列に。僕と似たような服着てるなぁーと隣見たらいない・・・

モニターには映っているのに・・・試しに軽く体ゆすってみる・・・おやおやおやぁ~
モニターのおじさんもゆれてる・・・ってかあれ俺?

ここまでひどい状態になってる事を頭上カメラに教えてもらいました。



| この記事を編集する |
2009-11-28 05:44:18
アウッ!!マイケルジャクソン
映画This is it が昨日終わりました。行きたかったのに諸事情で見れずじまい。
僕が20代前半ディスコにハマッてる時期一番乗れたのがマイケルの曲。

今も体が覚えてます。踊りは腰が決め手なファンキーバージョン。
居酒屋バイト終わると速攻山手線飛び乗って新宿、ジュン&ドモンファッションに着替え
ディスコ入り。テーブルにつく間もなくステージ先頭、踊りに飢えてました。

ネットでマイケルの当時の動画見てると若かりし日の絶頂の思い出に浸れます。
デザイナー、職人、看護婦、美容師目指して上京したディスコ仲間達は今頃どこで
何してるんだろ。

夢を語り合ってた仲間達、漫画家の卵だった僕は末席ながらも漫画家やってます。
| この記事を編集する |
2009-11-23 06:54:12
セックス・アンド・ザ・シティ
四人で囲んだ酒の席でこの作品見終わってないの
僕だけでした。

三人とも話したくてワクワクな感でしたがオチバレ拒否で
耳塞ぎ。見終わった今、話したい・・・勝手な奴。

仲良し女性4人組の会話、とても男性陣には聞かせられないような
過激な内容で女性の本音がリアルに描かれてます。

セックスのうまい男、金持ちの男、都合の良い男を
求め積極的に生きる女性達・・・漫画で描くなら悪役
なんでしょうが見ているうちに健気で可愛く思えてきます。

ああー彼女達にとって、これが素直な生き方なんだと。
この手の女性にもってた偏見を和らげてくれたような気がします。

| この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22