CALENDAR
<< September 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
目指せライブへの道!
…なんて、到底無鉄砲な目標ですが、ヘタレオヤジバンド再結成作戦は、紆余曲折の末―ふとした成り行きで、不在だったドラムスの席には、結局は禁断のヘビメタオヤジT氏が納まってしまいました。
そう、彼は当HPのデザイナーであり、かつてはセミプロミュージシャンとして名を馳せ、数年前まではご自身率いるプログレ系バンドで活動を行っていた本格派の強者です。それだけに、下手の横好きレベルの私と相方のきむくんは、彼の恐い風貌に気圧され、バンド活動は逃げ腰だったのですが、酒席の油断で、再結成を誓ってしまったのです。

ドラムのT氏にギターのきむくん,ベースの私での我々トリオとしては、もう四年も前になりますが、とあるイベントの一興として臨時結成でディープ・パープルの曲を演奏すると言う、恥知らずの醜態を晒して以来の集結であります。

もちろん、干物臭い我々中年男三人の集まりのみでは、心浮き立つものも夢も希望もありません。馬鹿馬鹿しくて出掛けに歯を磨く気にもなれず、狭いスタジオ内にドブ臭い息を吐き散らかし不健康な加齢臭を壁に染み込ませるだけです。

それが、幸いにもこれまたふとしたツテで、念願の紅一点ボーカリスト希望者を発掘!
昨夕はそのA嬢をスタジオに迎え、記念すべき初練習を行ったのでありました。
カラオケで歌うのは好きでも音楽スタジオは初体験とのA嬢でしたが、その度胸と言うか勘の鋭さはなかなかのもの。我々の煩いだけで拙い演奏に臆することなく、しっかり声の通った歌を聴かせてくれて、初日の成果としては上々と言えましょう。

さしあたっては、スタジオに行くとロビーでは髪の長い若いバンドの兄ちゃん連中に挟まれ気後れしていたのですが、これからは『どーだぁ?オヤジバンドでも紅一点のピチピチ娘がいるんだぞ〜、いいだろぉ〜〜!?』と、それだけで連中に勝ち誇った気分になれるのですから、つくづく私は低俗極まりない小心者であります。


アフタースタジオの居酒屋にて、我々オヤジ組にとっては正に娘の年齢の美形娘を囲み、今後のバンド活動に向けての野望と対策について熱く語り始め…たつもりが、いつの間にやら下衆オヤジのディープな極エロ下ネタ合戦へと議題は移行し、親睦を深め(たのか!?)、清くお開きとなりました。
初回は懐かしいジュディマリのコピーでご機嫌を伺いましたが、やはり今後の目標は稚拙でも、オリジナル曲!

…まぁ、そう偉そうに言っても、所詮私は、漫画家だなんて閉じ籠り商売を選択した引っ込み思案の性分です。もし、あの娘に逃げられずに活動が順調に進んでしまい、万が一本当にいざライブハウスだ何だなんて物騒な運びになったら、ここだけの話、私は周到な計画でお腹が痛くなって都内から逃亡を謀る所存です。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<相変わらずの年始め | 酒とバカの日々 >>